京都の料理研究家・小宮真由blog~『しあわせはこぶフクチドリ』

小宮 真由(こみや まゆ)

料理研究家(おせち料理の専門家)

おせち料理や五節句、日本に伝わる行事食を専門とする料理研究家。四季を重んじ、人生の節目を大切にする「日本のこころ」を料理と共においしく、たのしく、わかりやすくお伝えしています。
おせち料理の専門家として新聞・テレビ・ラジオに多数出演。
京都でおせち料理教室「福千鳥」(会員制)を主宰し、おせち料理や家庭料理の指導に努める。


〔テレビ〕kbs-kyoto.co.jp/tv/oya/
KBS京都『おやかまっさん』「季節の京都ごはん」レギュラー出演中
〔食コラム〕emiso.co.jp/fukufuku
京都・西京味噌『小宮真由のお味噌ふくふく便り』好評連載中
〔商品開発・監修〕
2017年『伊藤若冲大丸松坂屋生誕300周年記念おせち』を監修。その他、京都の伝統食、オーガニック食の商品開発を手掛ける
〔食育講演活動〕
子供から大人まで楽しい!行事食についての食育活動はじまりました。
〔おせち料理ご予約〕fukuchidori.com
毎年「福千鳥のおせち料理」(数限定・全国宅配)を予約販売しています。受付は10月初旬から!


お問い合わせ
Shiawasehakobu@fukuchidori.com
料理教室専用okeiko_fukuchidori@yahoo.co.jp 担当:小澤

TV季節の京都ごはん『レシピ』紹介

9月14日
KBS京都「おやかまっさん」旬のレシピをご紹介しました!
料理研究家・小宮真由です。
KBS京都「おやかまっさん」
月~金10時30分~11時55分生放送。
『季節の京都ごはん』を担当しています。

季節折々、京都の旬の食材から
代表的なお料理をご紹介。
その後は、大人から子供まで喜んでいただける
小宮流アレンジレシピをお伝えしています。

京都では8・18・28日と8がつく日に食べる「あらめ」料理

京都では8のつく日に食べる
古くから伝わる風習のお料理があることを
ご存知でしょうか?


実は、『あらめ』を食べるんです。
あらめ???ってなに
と、なりますよね。
海藻ですね。(伊勢あらめが有名です)
勝手に「ひじきのお兄さん」と呼んでいます。
わたし的には
子供のころから口にしているせいか
ひじきよりも親しみがありますね。 


何故、8がつく日なの?
疑問にお応えするならば…… 。
8という数字が末広がりを表すことから
縁起がいい!とされてきました。
今も中国などでは「8」は最高の数ですよね。
ちなみに8がつく日は、8日、18日、28日。


また、お商売をされている方達にとっては
あらめを食べると「芽が出る」と
こちらも縁起担ぎの意味があります。


京都には、その他にもお決まりの日に
いただくおかずがあり
今となればこれも面白いもんだと
今更ながら~見つめ直しています。
昭和の食卓って(実家では)
いつも茶色いおかずばっかりで
なんかいややーと
(わたくしのJr.時代の口調で表現)
子供時代は色鮮やかな食卓に
幾度もなくあこがれたものでした。
ま、だから今この仕事をしているのかな。


ビタミンCが豊富な水菜にカロテン野菜の代表ニンジン

そして、日々お決まり料理を食べていると
時には食べ方を変えたい時もあり
そんな時は「あらめのたいたん」を
水菜とニンジンと一緒にあわせてサラダに仕立てます。
金平ごぼうや、ひじき煮などでもいいですよ!


わたし的には、これぞまさに
「京都サラダ」だと思っていて
ひとりでボールに半分は食べるので
夫とひそかに取り合いながら(笑)
ちっちゃな戦い?をしております。

これからサラダに仕立てます

『あらめと水菜の京サラダ』

材料 四人前

あらめのたいたん 適量
水菜   1/2束
人参   1/2本
白ごま  適量


<ドレッシング>

エキストラバージンオリーブオイル 大さじ2
酢 大さじ3
塩 小さじ1/2
黒コショウ 適量



① 水菜は約2センチ、ニンジンは千切りに切り揃えておく。

☆事前に流水で洗い、
野菜の水分はしっかりと切っておきましょう。

② あらめのたいたん、①の野菜をあわせてドレッシングをかける。

③ 空気を入れるようにふんわりと和える。

④ 仕上げにいりごま(白ごま)をたっぷりと加え、うつわに盛付ける。



~~ポイント~~

水菜を洗ったのち、水分はしっかりと切っておくこと。
ドレッシングはきれいに乳化するように
常より、10回程度多めにまわしてください。

さぁ、たっぷりと召し上がれ~♪

次回はどんな京都おかずアレンジを
ご紹介するかな~♪

すでに、わくわくしています(^-^)/

blogger :小宮 真由(こみや まゆ)

プロフィール

おせち料理や五節句、日本に伝わる行事食を専門とする料理研究家。四季を重んじ、人生の節目を大切にする「日本のこころ」を料理と共においしく、たのしく、わかりやすくお伝えしています。
おせち料理の専門家として新聞・テレビ・ラジオに多数出演。
京都でおせち料理教室「福千鳥」(会員制)を主宰し、おせち料理や家庭料理の指導に努める。


〔テレビ〕kbs-kyoto.co.jp/tv/oya/
KBS京都『おやかまっさん』「季節の京都ごはん」レギュラー出演中
〔食コラム〕emiso.co.jp/fukufuku
京都・西京味噌『小宮真由のお味噌ふくふく便り』好評連載中
〔商品開発・監修〕
2017年『伊藤若冲大丸松坂屋生誕300周年記念おせち』を監修。その他、京都の伝統食、オーガニック食の商品開発を手掛ける
〔食育講演活動〕
子供から大人まで楽しい!行事食についての食育活動はじまりました。
〔おせち料理ご予約〕fukuchidori.com
毎年「福千鳥のおせち料理」(数限定・全国宅配)を予約販売しています。受付は10月初旬から!


お問い合わせ
Shiawasehakobu@fukuchidori.com
料理教室専用okeiko_fukuchidori@yahoo.co.jp 担当:小澤

小宮 真由(こみや まゆ)ブログ記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

FEMALE淑女

top back