保湿感の違う2つのボディーバターは、ステキな女性の香り。

10月24日
ボタニカルライフを嗜好するステキな女性って、自然ないい香りがしますよね。このBOTANIST(ボタニスト)の「ボディーバター」は、ステキな女性が知っているアイテムなのかもしれません。
1⃣ BOTANISTの「ボディケア」ラインに注目
2⃣ 保湿感の違う2つのボディーバター
3⃣ フラッグシップショップ「BOTANIST Tokyo」オープン

BOTANISTの「ボディケア」ラインに注目

ライフスタイルに植物の恵みを取り入れることを提案するブランド「BOTANIST」。そんなボタニカルライフを嗜好する人が選ぶブランドとして人気を集めています。3473aエディトリアルチームは、その「ボディケア」ラインにも注目しはじめています。

そしてそのボディケアラインから、この秋に発売したばかりのボディバターをPick up。それは過酷な乾燥地帯を耐え抜いた復活草のエキス(ハベルレアロドペンシス葉エキス 保湿成分)を使用しているアイテムなんです。復活草のエキスをはじめとする「ボタニカルリッチオイル ※1」配合のアイテムは、肌にうるおいのベールを纏って保湿しながらすこやかな状態へ導いてくれます。

夏の紫外線対策から解放され、ホッとひと息ついた頃にやってくる乾燥問題を解決してくれるかもしれません。
※1)復活草(ビート根エキス、ハベルレアロドペンシス葉エキス、酵母エキス)、バオバブ(バオバブ種子油)、アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)<すべて保湿成分>
  • ボタニカルスフレボディーバター(クランベリー&ローズの香り)
  • ボタニカルクリームボディーバター(ピーチ&ムスクの香り)

保湿感の違う2つのボディーバター

保湿感の違う、この2つのボディーバターはどちらも、ほんのり甘く、ステキな女性の香りがします。

「ボタニカルスフレボディーバター」は、ふんわり軽いタッチのテクスチャーで、サラッとベタつかず、もっちりとした肌触りに。一方、「ボタニカルクリームボディーバター」は、厚みのあるテクスチャーで、肌につけて伸ばすと、しっとりなめらかな肌触りに。

サラッとベタつかず使用後にもっちり感のある「ボタニカルスフレボディーバター」、しっかり保湿の「ボタニカルクリームボディーバター」、うるおいのタイプが違う2つのボディバター。さて、どちらにしましょうか。

ボタニカルスフレボディーバター(クランベリー&ローズの香り)100g/1,600円(税抜)、ボタニカルクリームボディーバター(ピーチ&ムスクの香り)100g/1,600円(税抜)

editor :Yuko Ushikoshi

プロフィール

株式会社パズルリング 取締役。「3473a」 editor in chief。 東京生まれ下町育ち。1993年 株式会社セブン&アイ・ホールディングス(旧イトーヨーカ堂)に入社。1997年 商社の傘下にて多くのモバイルサービスを手掛ける。2003年フリーランサーとして独立。2008年 モードメディア・ジャパン株式会社(旧グラムメディア・ジャパン)の創業から5年間、メディア統括責任者を務める。2014年 創業時より現職、オンラインメディアのコンサルテーションやアドバイザリー、プロモーションの企画支援等を執行している。

Yuko Ushikoshi関連記事

What's New新着記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

BLOGブログ

top back