デュワーズのハイボールを飲みつつヘアカットできるバーバーが期間限定で渋谷にオープン。ヘアカットは南青山のバーバー「BLUE WORKS」

Dewar's「BARBER BAR」+「BLUE WORKS」

11月28日
デュワーズがハイボールを飲みつつヘアカットのできるバーバー「BARBER BAR」を期間限定でオープン。そしてそのヘアカットをしたのが南青山のバーバー「BLUE WORKS」です。
1⃣ ハイボールの起源と呼ばれるデュワーズが期間限定のバーバーをオープン
2⃣ ヘアカットとバーを同時に楽しめるニューヨークテイストのバーバーを再現
3⃣ ヘアカットを担当したのは南青山の人気バーバー「BLUE WORKS」
4⃣ ニューヨークのようなカフェ&バーを併設したつくりが特徴
5⃣ コーヒーやお酒を楽しむだけに立ち寄るのも大おすすめ

ハイボールの起源と呼ばれるデュワーズが期間限定のバーバーをオープン

10月6日(金)と7日(土)に、渋谷モディの入り口前スペースで、デュワーズ主催の期間限定バーバー=理髪店「BARBER BAR」がオープン。

デュワーズはハイボール誕生のきっかけをつくったといわれる本格スコッチウィスキー。1905年にニューヨークのサロンで、デュワーズの創業者の息子がスコッチハイボールを考案した、という説が有名です。

また、デュワーズは世界屈指の販売数を誇り、ことにアメリカではスタンダードスコッチでシェアNo,1の人気を獲得した名門。これまでの受賞歴は800以上と数多く、1893年にはヴィクトリア女王より英国王室御用達を賜り、その名誉はいまも続いています。

ヘアカットとバーを同時に楽しめるニューヨークテイストのバーバーを再現

「BARBER BAR」は、その名前のとおりに、バーバーとバーを同時に楽しむことのできるもの。いま、ハイボールやビールやコーヒーを飲みつつ、ツーブロックやオールバックなどのクラシックなヘアスタイルにカットするニューヨークテイストのバーバーが世界的な大人気。「BARBER BAR」はそれを体験できるように、ニューヨークテイストを再現したバーバーなのです。

6日と7日の2日間には、SNSで応募した希望者が、デュワーズの「デュワーズ 12年」でつくったハイボールを楽しみながら、ニューヨークテイストのヘアカットを無料体験。ニューヨークの本場の気分を味わいました。

ヘアカットを担当したのは南青山の人気バーバー「BLUE WORKS」

さて。その「BARBER BAR」のヘアカットを担当したのが、南青山の「BLUE WORKS」。いま大人気のニューヨークテイストを取り入れ、今年の4月にオープンしたばかりの、人気急上昇中の注目店です。

「BLUE WORKS」という店名は「ブルーカラー」をイメージしたもので、スタッフ全員が客に真摯に向き合う姿勢を大切にするという思いが込められているそう。来店から見送りまでの全行程を担当者が対応するのを決まりとしていて、店内の4つの席で4人のスタイリスト=理容師がシャンプーや、ヘアカット、シェービングなど、すべてを最初から仕上げまで行う。そんな親密で丁寧な仕事ぶりからも、スタッフの真摯さや、客への気遣いが伝わってきます。

得意とするヘアスタイルは、もちろん、ニューヨークテイストの東海岸スタイル。西海岸のエッジを際立たせたスタイルではなく、刈り上げや髭をナチュラルなグラデーションにすることで、よりソフトでシックな雰囲気になるのが特徴です。

ニューヨークのようなカフェ&バーを併設したつくりが特徴

そしてもうひとつ、「BLUE WORKS」がニューヨークテイストとして取り入れた大きな特徴が、店内にカフェ&バーを併設していること。店を入った正面にカウンターがあり、その奥がバーバーになっているのです。

この独特の店のつくりは、実は日本国内ではバーとバーバーを同一空間にすることが、保健所の関係で許可されてないため。しかしそれが、なんともいえない、よい味わい。禁酒法時代のアメリカでは、バーバーの奥に秘密のバーが隠されていたことがよくあり、ちょうどその逆の感じ。

実際、奥にバーバーがあることを知らずに、コーヒーや酒を飲みに入ってくる客も少なくないそうです。

コーヒーやお酒を楽しむだけに立ち寄るのも大おすすめ

カウンターの後ろの棚には各種銘柄のウィスキーがずらりと並び、カクテルやクラフトビールも用意。厳選した3種の豆のコーヒーも自慢のメニューで、テイクアウトでも購入可能。近くのオフィスやブティックに勤めるスタッフが昼休みのランチ後にテイクアウトするなど、馴染みのお客さんも増えているそうです。

ヘアカットはワンドリンク付きで、カットの後に楽しむほかにも、ウエイティングバーとして使用するのも便利。ヘアカットはメンズのみのため、奥様や彼女との待ち合わせ場所にするのもおすすめです。

カフェ&バーのスペースはバーバーと同様に落ち着いた大人の雰囲気なので、ついつい長居してしまいそう。「コーヒーやお酒だけでも、お気軽にお立ち寄り下さい」とのことです。



editor :福田 豊

プロフィール

1959年東京生まれ。ライター、編集者。もともとは建築家であったが、ひょんなことから、出版界に移籍。『エスクァイア日本版』広告営業、編集部の後、現職。『LEON』『OCEANS』『ENGINE』『MADURO』などの雑誌を中心に、時計、クルマ、ファッション、旅などなど、男性のライフスタイル全般について執筆。

福田 豊関連記事

What's New新着記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

FEMALE淑女

BLOGブログ

top back