「アルフレッド ダンヒル 銀座本店」がリニューアルオープン 。「dunhill BAR」「dunhill BARBER」も、さらに魅力的に

2018年11月27日
イギリスのメンズラグジュアリーブランドであるアルフレッド ダンヒルの銀座本店がリニューアルオープン。それに伴い「dunhill BARBER(ダンヒル バーバー)」が「THE BARBA TOKYO」とのパートナーシップに生まれ変わりました。
1⃣ アルフレッド ダンヒルの日本の旗艦店がリニューアル
2⃣ 知る人ぞ知る、大人のための素敵なスポット
3⃣ モダンにマスキュリンにクリーンにイメージチェンジ
4⃣ dunhill BARBERもワンランク上にアップデイト

アルフレッド ダンヒルの日本の旗艦店がリニューアル

秋にリニューアルオープンした「アルフレッド ダンヒル 銀座本店」。

アルフレッド ダンヒルは、よくご存じですよね。そうです、ロンドン紳士のために創業したイギリスの老舗。今日では、スーツやフォーマルやカジュアルウェアを初め、シューズ、バッグ、アクセサリー、筆記具、喫煙具などなど、男のあらゆるアイテムを揃える世界的メンズラグジュアリーブランドとして名声を馳せています。

その日本での旗艦店が銀座本店。ここは以前から、知る人ぞ知る、大人のスポットでもありました。

知る人ぞ知る、大人のための素敵なスポット

というのは、アルフレッド ダンヒル 銀座本店の建つのは、銀座通り沿いの一等地。その2Fにある「dunhill BAR」のカウンターバーでは、銀座通りを見下ろしながら、コーヒーや紅茶、酒などを楽しむことができる。3Fには広く落ち着いたラウンジも備えられています。

また、dunhill BARは銀座の日本料理の名店「六雁」(むつかり)の総料理長である秋山能久がプロデュースする料理も魅力。ショップの閉店した後の夜11時半まで営業しているのも大人にはうれしいところで、そんなことから男性にはもちろん、女性にもファンが多い。ゆったりと寛ぐことができる、大人のための素敵なスポットとされているのです。


3F

  • 1F
  • 2F

モダンにマスキュリンにクリーンにイメージチェンジ

そんなアルフレッド ダンヒル 銀座本店が、今回のリニューアルで変わったのは、まず、モダンになったこと。これまではイギリスのジェントルマンズクラブのようなクラシックで重厚な雰囲気でしたが、それがクリエイティブディレクターのマーク・ウェストンのモダンでミニマルでマスキュリンな作品のイメージに合わせたスタイルへとチェンジ。

モードなコレクションラインを1、2Fに、伝統的なテーラーリングを3Fに、という新しい空間構成も目を惹くところ。3Fにはビスポークルームも用意されています。


editor :福田 豊

プロフィール

1959年東京生まれ。ライター、編集者。もともとは建築家であったが、ひょんなことから、出版界に移籍。『エスクァイア日本版』広告営業、編集部の後、現職。『LEON』『OCEANS』『ENGINE』『MADURO』などの雑誌を中心に、時計、クルマ、ファッション、旅などなど、男性のライフスタイル全般について執筆。

福田 豊関連記事

What's New新着記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

FEMALE淑女

BLOGブログ

top back