BLOG 『極上のおやじレディになりたくてⅡ』 Yuko Ushikoshi

Yuko Ushikoshi

editor in chief

株式会社パズルリング 取締役。「3473a」 editor in chief。 東京生まれ下町育ち。1993年 株式会社セブン&アイ・ホールディングス(旧イトーヨーカ堂)に入社。1997年 商社の傘下にて多くのモバイルサービスを手掛ける。2003年フリーランサーとして独立。2008年 モードメディア・ジャパン株式会社(旧グラムメディア・ジャパン)の創業から5年間、メディア統括責任者を務める。2014年 創業時より現職、オンラインメディアのコンサルテーションやアドバイザリー、プロモーションの企画支援等を執行している。

スペイン・バルセロナの旅、アントニオ・ガウディが手掛けた「Casa Mila(La Pedrera)」

11月19日
5月のスペイン旅を想い出して新しいブログにもメモ代わりに綴ります。2017年もチャレンジしたい、スペイン!
Casa Mila(La Pedrera)は、アントニオ・ガウディが建築設計したアパートメント。今もテナントや居住スペースとして利用されています。

ゆっくり見学できるように入場制限をしています。ふらっと気分で行く観光客はプレミアムチケット(一番高いやつ)を購入すれば、すぐに入場させてもらえます。大人はコレがいいです。

1Fエントランス吹き抜けから上階を撮影しました。プレミアムチケットはファストパスつきの見学チケット、日本語の音声ガイダンス機レンタルもついてるので便利です。終始日本語の音声ガイドつきというわけです。そのまま屋上までいっきにエレベーターで上がります。

到着したここが屋上、不思議な建造物がいくつも配置されていました。神秘的な光も差し込んでいます。

屋上に来る観光客のほとんどはココで立ち止まります。アーチ状のトンネルの先に見えるのは、あのサグラダファミリア。カトリック教会のバシリカです。

ここからは屋内展示スペースの見学。これはカサ・ミラに展示してあるガウディの建築模型。ガウディは建物を逆さまに(宙づりに)して重力をはかり、建築設計を行うそうです。

このタイルもガウディ作。2020年のオリンピックのエンブレムをデザインしたトコロさんと発想が似ています。八角のタイルはどこにはめても、新たな表情になるのです。カサ・ミラの床には、実際にこのタイルが使われていました。建築のことはよくわかりませんが、なにやら美しい法則にしたがって建築された建物だということを理解できたように思います。

2017年も、スぺインにチャレンジしたい!

blogger :Yuko Ushikoshi

プロフィール

株式会社パズルリング 取締役。「3473a」 editor in chief。 東京生まれ下町育ち。1993年 株式会社セブン&アイ・ホールディングス(旧イトーヨーカ堂)に入社。1997年 商社の傘下にて多くのモバイルサービスを手掛ける。2003年フリーランサーとして独立。2008年 モードメディア・ジャパン株式会社(旧グラムメディア・ジャパン)の創業から5年間、メディア統括責任者を務める。2014年 創業時より現職、オンラインメディアのコンサルテーションやアドバイザリー、プロモーションの企画支援等を執行している。

Yuko Ushikoshiブログ記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

FEMALE淑女

top back