まつゆう*が「ドモホルンリンクル」を本気で2ヶ月間トライアルした結果です。

実はみんな気になっていた!

1月12日
テレビCMを見ていた小さな頃からずっと気になっていたもの、それが「ドモホルンリンクル」でした。2ヵ月間、本気でこれだけを試してみました。

「ドモホルンリンクル」トライアルとレビューの機会

テレビCMを見ていた小さな頃からずっと気になっていたもの、そのひとつが「ドモホルンリンクル」。
「30歳を過ぎたら」
「お肌の衰えを感じたら」

…などのセリフが出てくるCMがゆえに、使いはじめるまでは…

・自分の「お肌の衰え」を認めたことになってしまうんじゃないか?
・私にはまだ早いんじゃない…?と思いたい!
・いや〜、私の肌、そんな衰えてませんから。

と考えていました。

もの凄く良い結果を得られそうだけれど、実際に使っている人が周囲にはいなくてわかりにくい。一度サンプルを依頼したら、DMが届いてしまうんじゃないか?とか。ドモホルンリンクルは「アンチエイジングの最後の砦だと思っている。」とか。

ずーっと気になる存在であり続けているのに、なぜか手を出さずじまいな人や、試すタイミングがつかめなかった人も多いはず。実際わたしもそうでした。


2か月前は肌の乾燥がひどく悩んでいました。私の肌はこのまま坂道を転げ落ちてゆくの…?そう思ったとき、最後の砦を崩してみよう!3473aで記事を書いてみたい!と編集長にお願いして「ドモホルンリンクル」をお試しする機会に恵まれたのです。せっかくのチャンスだから、しっかり2ヶ月間使ってレビューを書かせて頂きます。


「ドモホルンリンクル」というブランド名の由来

まだ「アンチエイジング」という言葉がなかった時代に「加齢による衰えを乗り越える力をお肌に与えたい」という思いの中で「Domo →ラテン語で、制御。horn→ドイツ語で、角質。Wrinkle→英語で、シワ。」作られた造語だそうです。


アイテムのラインナップは全部で8種

【準備】①化粧落としジェル→②洗顔石鹸→③泡の集中パック
 →お肌内の汚れダメージを取り除いて素に戻し根本力を引き立てる。
【基本】④保湿液→⑤美活肌エキス→⑥クリーム20→⑦保護乳液
 →お肌のすみずみまでうるおし、芯・土台にまで成分を届け最後に閉じ込める。
【日中ケア】⑧光対策 素肌ドレスクリーム
→紫外線から守るだけでなく受けたダメージもケア。あらゆる光に負けないお肌に。
この8種全て「潤い・キメが整う・年齢肌に働きかける」というもの。

ちなみにドモホルンリンクルでは新しい商品を出すよりも同じ商品を日々研究しリニューアルを繰り返して成長し続けているんだそう。つい先日も、人気商品である「クリーム20」がリニューアルされたばかり。


「まつゆう* 38歳・敏感肌」が2ヶ月間トライアル

さてさて簡単に説明が終わったところで、本題!
ここからは「まつゆう* 38歳・敏感肌」が2ヶ月間ドモホルンリンクルのみを使い続けた感想です。

まず使った初日、とろみ感のあるテクスチャーが特徴の保湿液で、格段に保湿されていることにびっくり。ずっと欲しかったよ!この内からもっちりするような保湿感♡漢方の香りがするので苦手な方もいらっしゃるかもですが、私は大丈夫でした。

全ライン使わない日もありましたが、基本は全部使ったほうがしっかり保湿を実感できます。私の顔はシワができにくいタイプなので、深いシワではないのですが、薄いシワや目の下のちりめんジワ程度なら、改善がみられました。使い続けることでシワや乾燥の対策にも。

【使ってみた感想カレンダー】

1日目→お!潤ってる。
7日目→肌が安定してきた?
10日目→フルラインではなく用途によって使い分けることも
1ヶ月目→久しぶりに会った人に肌がきれいと褒められる
2ヶ月目→自分でもお肌がきれいになったと実感


【アイテムの使い心地】

①化粧落としジェル
→これ1本でしっかりメイクを落としてくれて保湿も。洗い終わった後につっぱり感はゼロ。メイクしたときのみ使用。

②洗顔石鹸
→洗顔ですら、しっかり潤う。これまで朝は、ぬるま湯洗顔だけでしたが、今は朝晩使ってます。

③泡の集中パック
→濃密な生クリームのようなテクスチャーで、5分間肌に乗せておくだけで後のアイテムが入りやすくなります。目元口元ギリギリまで使えるのが嬉しい。これは使うのと使わないのとでは全く肌感が変わります。

④保湿液
→これ凄くいいです!8種の中で1個選べと言われたら間違いなくこれ。漢方の香りがしますが、お肌に優しくプレスするとだんだんもっちり手に吸い付いてきます。これなくしては冬は越せない!というくらいもちもち感ありました。

⑤美活肌エキス
→お肌の明るさを引き出す、美白系のアイテム。これは気になるシミの部分を中心に使いました。

⑥クリーム20
→私はリニューアル前のものを使っていますが、もっちりに蓋をしてくれます。目元などに使ってアイクリーム代わりにも。ちなみに1974年に誕生した初代クリームから改良を重ね、今は17代目!

⑦保護乳液
→今まで使ったすべてに潤いのバリアを。これたくさん使いすぎると多すぎなので少量でOK。コスパがめちゃくちゃ良いとおもいます。全然なくならない。

⑧光対策 素肌ドレスクリーム
→紫外線対策ということで使いたいのですが、しっかり色がつくタイプなので私は使っていませんが、ケアしながらメイクしたい人にはいいかも。

※こちらは全てまつゆう*の個人的使い心地の感想です。

【結果】

個人的に相当のお気に入り!このまま使い続けるつもりです。
もちろん、いいものを皆さんにご紹介するために色々なものをお試ししていきますが、何かあったときにドモホルンリンクルに戻ってこられる安心感を手に入れました。なんでもっと早く試してみなかったのだろうと後悔するほど。もっと早くから使っていたら肌の老化をストップさせられていたかも?と思いました。早ければ早いほどいい。30歳になったら、ドモホルンリンクル!ほんとにCMのとおり。

気になるコスパですが…
正直ドモホルンリンクルのアイテムは安いといえる価格帯ではないとおもいます。1つのアイテムにつき、約2ヶ月ほど使えると聞きましたが、私は2ヶ月使ってもまだ3分の1残っています。使う量にもよると思いますが、安くてすぐなくなるものを買うのであれば、3473世代にはドモホルンリンクルをおすすめしたい!
ということで、たくさんのスキンケアアイテムを試してきたまつゆう*ですが、おすすめ太鼓判。特に、化粧落としジェル、泡の集中パック、保湿液、クリーム20は◎。

肌には個人差があるので合わない場合もあると思いますが、お試ししてみる価値アリです。早くから始めたら、肌の老化がゆっくりになってくれるかもと期待しちゃえるアイテムたちでした。

最後に余談ですが、ドモホルンリンクルのガラス容器は「残糸タオル」なるものに可愛く包まれて届きます。愛媛県のタオルブランド「今治タオル」の工場で棄てられていた残り糸をリユースして出来たものだそう。可愛らしいので私はキッチン用のふきんとして使用していました。
これまでブランド名はよく知っていたのに、なんとなく手が出しにくかった方!
気になっていたら一度お試しあれ。


editor :まつゆう*

プロフィール

東京生まれ渋谷育ち。モデルとして93年より活動開始、98年から独自の“可愛いカルチャー” 情報をウェブで発信。国内外で影響力の高いブロガーとして数多くのメゾンやブランドをクライアントに持ちWEB、TVや雑誌など多方面のメディアで形にとらわれない新ジャンル"media icon"として活躍中。

まつゆう*関連記事

What's New新着記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

BLOGブログ

top back