BLOG竹下雅美『for beautiful smile~美しい笑顔のために~』

竹下雅美

歯科衛生士/テーブルマナーインストラクター

はじめまして。
港区のデンタルクリニックで勤務している竹下雅美ともうします。
この度、ご縁がありまして大人の男女が意識する3473attentionでブログを書かせて頂くことになりました。

歯科衛生士という仕事がら大好きな『歯』『お口元』と、テーブルマナーインストラクターとしての『マナー』をテーマに、お伝え出来たらと思っております。

資格は、歯科衛生士、ホワイトニングコーディネーター、ワインエキスパート、食育インストラクター、テーブルマナーインストラクターです。
どうぞよろしくお願いいたします。

上手なデンタルフロスの使い方

1月23日
難しい奥歯へのデンタルフロスの使い方のコツをお伝えします♡

紳士淑女の皆さま♡
今日もお口の中のお手入れ頑張っていますでしょうか?(^O^)v
今やオーラルケアでは当たり前の必需品。
♡デンタルフロス♡

・前歯は使えるけど奥歯が難しくて…。
・上手に使えなくてイライラする…。
なんて意見をよくお聞きします(T^T)

ちょっとしたコツを掴めば、上手にデンタルフロスを使うことが出来るのですよ♡

まずはデンタルフロスについて♬
デンタルフロスは、たくさんの細い繊維で出来ています。この繊維にプラークや食べ物の残渣を絡め取ります。
ワックスタイプとアンワックスタイプがあり、ミントなどのフレーバー付きの美味しいフロスもありますよ(*^^*)

・ワックスタイプ
フロスの表面にワックスがついているので、滑りがよく歯と歯の間に入れやすい。
デンタルフロス初心者の方はこちらをおすすめします♬

・アンワックスタイプ
ワックス加工がされておらず、繊維が広がりやすいためプラークや食べ物の残渣を絡め取りやすい。
ただ、ワックスタイプと比べると滑りが少ないのでデンタルフロスのご使用に慣れてる方におすすめします♬
続いてはデンタルフロスの使い方♬

鏡を見ながらがお約束です!

①フロスを30センチくらいにカットします。

②両端から中指にクルクル巻き付けていきます。
*両手の人差し指と親指でフロスを掴んだ時に距離3~4センチくらいにするのが上手に使うポイント!

③人差し指と親指がホルダーの役割になります。
*フロスがピーンと張った状態で使うのが上手に使うポイント!
*指の腹の真上にフロスを乗せて使うのが上手に使うポイント!

④ゆっくり、フロスを引いたり押したりしながら歯と歯の間へ挿入していきます。
*そーっと、ゆっくり入れていきます。歯肉にガツンと入れないのが上手に使うポイント!

⑤接触点を通過したら、右側の歯の側面左側の歯の側面に靴を磨くようにプラークをこすり落としましょう。
余裕があれば、軽く歯周ポケットの中も触れましょう。
*難しい奥歯は、両手の人差し指をホルダーにするのが上手に使うポイントです!

両手の中指に端から巻いて使います

両手の親指と人差し指でフロスを掴んだ時に3~4センチくらいの距離にする

フロスはピーンと張った状態で指の腹の真上に置いて使いましょう

歯周ポケットの中まで優しく軽く入れましょう

奥歯に入れる時の指の形です

奥歯にフロス入れる時のポジションです

如何でしょうか?
デンタルフロスが上手に使えると、お口の中のお手入れ、ますます楽しくなりますね♡♡♡

デリケートなお口の中のお手入れ、優しく・ゆっくり・丁寧が大切です(*^^*)

健康な歯と歯肉は素敵な笑顔の必需品です♡♡♡

美しい笑顔のために出来ること
~for beautiful smile~

blogger :竹下雅美

プロフィール

はじめまして。
港区のデンタルクリニックで勤務している竹下雅美ともうします。
この度、ご縁がありまして大人の男女が意識する3473attentionでブログを書かせて頂くことになりました。

歯科衛生士という仕事がら大好きな『歯』『お口元』と、テーブルマナーインストラクターとしての『マナー』をテーマに、お伝え出来たらと思っております。

資格は、歯科衛生士、ホワイトニングコーディネーター、ワインエキスパート、食育インストラクター、テーブルマナーインストラクターです。
どうぞよろしくお願いいたします。

竹下雅美ブログ記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

FEMALE淑女

top back