男性のためのスキンケアブランド「リサージ メン」

LISSAGE MEN

2月10日
シェービングや紫外線などで乾燥しがちな肌をコラーゲンケアして、「キレイ」を目指してみませんか?
1⃣ 3473世代の男性こそスキンケアが大切
2⃣ シンプルに、香り高く、肌を潤してくれます

3473世代の男性こそスキンケアが大切

男性の皆さん。突然ですが、スキンケアをしてますか?
男性は女性に比べてスキンケアの意識がとても低い。「男にスキンケアは不要」という古いかんがえの男性もまだ多いようです。

しかし、いうまでもなく、男性にもスキンケアは必要です。
肌の老化は男女の差なく訪れます。それに女性のようにメイクをしていない男性は、日常的に紫外線などを浴びていて、知らないうちに肌にダメージが蓄積している可能性がある。

また、男性は皮脂の分泌が多いためベタついて見えますが、しかし女性よりも水分蒸散量が多く、実は肌が乾燥しがち。さらに日々のシェービングが、ヒゲと一緒に角層を削ってしまうのも、肌の乾燥に拍車をかけています。

つまり3473世代の中高年の男性こそ、女性以上にスキンケアが大切だともいえるのです。

シンプルに、香り高く、肌を潤してくれます

カネボウ化粧品の「リサージ メン」は、そんな男性のために生まれたスキンケアアイテムです。
キーワードは「Collagen」「Simple Care」「Aroma」「Design」の4つ。

コラーゲンは「リサージ」が長年研究し続け培ってきた「リサージ メン」の原点。その研究結果を活かしたのが「スキンメインテナイザー」で、シェービングや紫外線などで乾燥しがちな男性の肌を、女性と同様にコラーゲンケアします。

シンプルケアは洗顔料と化粧液という基本の2つだけに絞ったこと。スキンケアをしたことがない男性は、たくさんのアイテムがあると迷ってしまうため、「洗う・潤す」の2ステップにシンプルにしたのです。

アロマ=香りは「リサージ メン」の魅力的な個性。香水のようにトップ~ミドル~ラストと3段階に変化する香りが、現代的な男性像を描き出します。

そしてデザインも「リサージ メン」の素晴らしい魅力。アートディレクターの佐藤可士和氏によるシンプルでシャープなデザインは、現代男性のライフスタイルにマッチします。


女性がそうであるように、男性だって「キレイ」は心が浮き立つし、大きな自信にもなる。だから「リサージ メン」でスキンケアをしてみませんか。



editor :福田 豊

プロフィール

1959年東京生まれ。ライター、編集者。もともとは建築家であったが、ひょんなことから、出版界に移籍。『エスクァイア日本版』広告営業、編集部の後、現職。『LEON』『OCEANS』『ENGINE』『MADURO』などの雑誌を中心に、時計、クルマ、ファッション、旅などなど、男性のライフスタイル全般について執筆。

福田 豊関連記事

What's New新着記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

FEMALE淑女

BLOGブログ

top back