『物忘れや記憶力の衰えを感じたら……』脳 trivia16

教えて霜田先生! 知らなかった「脳トリヴィア」

5月12日
3473脳トリヴィア「記憶と睡眠 編」。物忘れや記憶力の衰えを感じたら……それは○○かもしれません。でも、その問題を解くカギは、意外に、身近にあるものです。

それは「睡眠障害」かもしれません。

「最近、物忘れが多くなった」「記憶力が衰えた」

そんな相談で来院される男性が増えています。多くが、30歳代~40歳代後半ぐらい。まだ高い年齢ではありません。

でも、それなのに物忘れや記憶力の低下は、何か深刻な問題があるのではないか。皆さん、そういう心配をされての来院です。最近よくいわれる、若年性アルツハイマーを疑う方もいらっしゃいます。

そこで検査をしてみる。MRIなどの精密検査をすることもあります。でも、ほぼ99.9%が異常なし。では、原因は何かというと。多くの方が、睡眠障害によるものです。

30~40歳代の男性といえば、いちばんの働き盛り。仕事が忙しく、ついつい寝る時間が遅くなる。まだ若く体力に自信があるため「寝なくても大丈夫」と思ってしまい、夜更かしや徹夜をしてしまうことも多い。そんなことから、この年代は、睡眠不足になりがちです。

ですが脳は、一般的に、6時間以上眠らないと働きが鈍くなります。また、運動不足も脳の働きを低下させます。そしてそれは、もちろん、50歳でも60歳でも同じです。

ですので、30~40歳代でも、50歳以上でも。物忘れや記憶力の低下を感じたら、まずは、よく寝て、運動をしてみて下さい。すると解決することが多い。問題を解くカギは、意外に、身近にあるものなのです。

で、それでもダメなら、何か問題があるのかも。そのときには医師に相談して下さい。



霜田先生 プロフィール

霜田里絵 しもださとえ
医師・医学博士。順天堂大学卒業後、同大学病院の脳神経内科医局を経て、都内の病院勤務。2005年から銀座内科・神経内科クリニック院長を務めるとともに、2011年には医療法人ブレイン・ヘルスを設立、理事長に就任。パーキンソン病、アルツハイマー病、脳血管障害、頭痛、めまい、しびれ、などが専門。日本神経学会専門医、日本内科学会認定医、日本抗加齢医学会専門医、アメリカ抗加齢医学会専門医。主な著書に『「美人脳」のつくりかた』(マガジンハウス)、『40代から上り調子になる人の77の習慣』(文藝春秋)がある。

editor :3473a Editorial team

プロフィール

「3473a」Editorial teamによるスペシャルコンテンツ。

3473a Editorial team関連記事

What's New新着記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

FEMALE淑女

BLOGブログ

top back