BLOG竹下雅美『for beautiful smile~美しい笑顔のために~』

竹下雅美

歯科衛生士/テーブルマナーインストラクター

はじめまして。
港区のデンタルクリニックで勤務している竹下雅美ともうします。
この度、ご縁がありまして大人の男女が意識する3473attentionでブログを書かせて頂くことになりました。

歯科衛生士という仕事がら大好きな『歯』『お口元』と、テーブルマナーインストラクターとしての『マナー』をテーマに、お伝え出来たらと思っております。

資格は、歯科衛生士、ホワイトニングコーディネーター、ワインエキスパート、食育インストラクター、テーブルマナーインストラクターです。
どうぞよろしくお願いいたします。

美しい箸の使い方

2017年7月31日
正しく箸を使える方ってエレガントですよね。
紳士淑女の皆さま♬

毎日使っている箸にもマナーがあることをご存知ですか?
生活するうえで箸を使いお食事する事は必要不可欠。
日本人として正しく美しく使いたいこなせたらとってもエレガントですね(*^^*)

箸は箸置きの上に置きましょう。 箸置きがあるのに、お皿や器の上に渡したりするのは不作法とされています。

〈箸使いのタブー〉
タブーとされる箸使いは『忌み箸』『嫌い箸』と呼ばれます。

『移し箸』………箸から箸へと食べ物を渡すこと。火葬場での骨上げを連想させ忌み嫌われる。
『ねぶり箸』……箸を口に入れて舐めること。見た目に不潔で下品。
『振り上げ箸』…箸を持ったまま、振り上げて会話をする。
『握り箸』………箸を片手で握り締めること。
『刺し箸』………料理に箸を刺して食べる。箸先も汚れ、幼稚に見える。
『迷い箸』………料理を取るのに迷って箸をあちこち動かす。意地汚く見える。
『寄せ箸』………箸を器にひっかけ、器を手前に引き寄せる。引っかけてこぼしたり、テーブルにキズを付けることになる。
『ちぎり箸』…箸をナイフとフォークのようにして使うこと。
『もぎ箸』………箸に付いたご飯粒などを口で取る。取りたい時は手や懐紙を使う。
『探り箸』………料理の中を探るように下から引き出して取ること。せっかくの美しい盛り付けが台無しになる。
『返し箸』………大皿から料理を取り分けて食べる際に、自分の箸先を返して元の方で取ること。手で持つ部分が食べ物に触れ不衛生で箸も汚れる。



・箸の持ち方自信ない方 ご参考にしてください♬♬♬

片方の箸をペンを持つようにして持ち、固定します。

もう片方の箸を、中指と薬指の間に滑り込ませます。

・次は、箸の取り方です♬♬♬

①右手で箸の中央を持って取り上げます。

②左手で下から支えます。

③右手をすべらせ、右手を返して右端から1/3くらいのところを持ちます。

割り箸の場合は、左手で下、右手で上の箸を持ち、扇を開くように膝の上で割ります。
*毛羽立ったのをこすったりはいたしません。

また、割り箸の箸袋を千代結びに折るなどして箸置きの代わりにしましょう。
食べ終わったら結び目に箸先をしまうと、汚れた箸先が隠れてエレガント♬♬♬

美は一日にしてならず!という言葉がありますが、マナーやエチケットも同様です。
美しい所作は突然出来るものでもありません。
日々の習慣が大切です♬

毎日のお食事を、美味しく丁寧に食す。
自分自身を大切に扱うようで素敵ですね。


美しい笑顔のために出来ること
~for beautiful smile~

blogger :竹下雅美

プロフィール

はじめまして。
港区のデンタルクリニックで勤務している竹下雅美ともうします。
この度、ご縁がありまして大人の男女が意識する3473attentionでブログを書かせて頂くことになりました。

歯科衛生士という仕事がら大好きな『歯』『お口元』と、テーブルマナーインストラクターとしての『マナー』をテーマに、お伝え出来たらと思っております。

資格は、歯科衛生士、ホワイトニングコーディネーター、ワインエキスパート、食育インストラクター、テーブルマナーインストラクターです。
どうぞよろしくお願いいたします。

竹下雅美ブログ記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

FEMALE淑女

top back