大西 一平 BLOG 『NIPPON DANSHI』

大西 一平

プロラグビーコーチ

大阪市立菫中学時代、野球からラグビーに転向。その後大阪工業大学高等学校(現在の常翔学園)に進学、卒業後1年間ニュージーランドでラグビー留学。帰国後明治大学に入学し、4年時主将として伝説の「雪の早明戦」に出場。卒業後1989年神戸製鋼に入社、同社ラグビー部(現神戸製鋼コベルコスティーラーズ)に入部。1991年から1993年まで主将を務めた。1995年引退、日本人初のプロコーチとなる。プロコーチとしては近畿大学,専修大学やその他多くのチームと契約。2003年、日本IBMの監督に就任する。2006-2007年シーズンの途中、チームの成長とともに2007年限りで監督を辞任。2007年現役時代の古巣である神戸製鋼コーチに再就任。2012年、般社団法人 OVAL HEART JAPAN 設立 代表就任。2013年、名古屋学院大学ラグビー部コーチ、愛知県立明和高校。2014年,常翔学園ラグビー部コーチ、名古屋学院大学ラグビー部コーチ、愛知県立明和高校、その他3チームを指導。2015年、常翔学園ラグビー部コーチ、名古屋学院大学ラグビー部コーチ、愛知県立明和高校、その他5チームを指導。2015年、ストリートラグビーというニュースポーツを開発、ストリートラグビーアライアンスを立ち上げ、ラグビーの認知度向上とスポーツを通じたソーシャルキャピタルの向上に向け始動。富山市、文化創造都市ビジョン策定委員会アドバイザー。2016年、一般社団法人ストリートラグビーアライアンスを設立、代表理事就任。その他5チームとコーチング契約。

「ストリートラグビー」のこれまでと今後の展望

4月5日
 ラグビー界は2019年にワールドカップ日本開催を迎え、認知度の向上や人気上昇をより一層強化しなければならない現状である。前回開催地イングランドでの総動員数240万人を見越すと、現役や関係者を含む15万人程度のラグビーにかかわる人々だけの努力のみでは、成功すると言い切れるには程遠い環境である。

 一昨年ワールドカップで3勝を納め、一躍国内でも活躍した選手たちがTVなどにも大きく取り上げられたが、結果的には一過性にとどまり、国内リーグ等への動員には継続力を示さなかった。この原因を私はこの二つにあると整理している。

 一つは、この数年でルールの改正なども含めラグビーが進化し、ゲームの高速化やタフネスの増強で、選手たちも体が大型化し、ボールゲームという印象よりは、ボールの争奪を超えた格闘技を強調し、選手たちもどんどんサイボーグ化されているように見える。一般の人から見ればルールの複雑さと共に到底身近にプレーできるものではない印象が強まっているのではないだろうか。それなりにプレーを続けてきた私でも、現代ラグビーを見るとゾッとすることがあるのは正直なところである。

 二つ目は、12万人と言われる現役プレーヤーを軸に日本の組織全体が成り立っているようにみえるが、ラグビーの別の楽しみ方、つまりクラブチームやラグビースクールといった、競技性を追いかけるものではなく、地域のコミュニティーとして根づくラグビーをこよなく愛する人たちも、また、12万人存在すると言われている。

 このクラブチームやラグビースクールでラグビーを楽しむ人たちが本来、ラグビー大国のテストマッチなどではグランドを埋め尽くす観客の大半となる。しかし、日本ではこの主要観客たる皆さんが、例年行う交流戦やイベント等の定着的なスケジュールをこなすためにグランドの確保やレフリーの確保にスケジュールを先に決定せざるを得ない状況なのである。場合によっては数年先まで決められてしまう地域ラグビーのスケジュールであるが、その後半年ほど遅れ日本代表やスーパーリーグ、トップリーグなどのスケジュールが確定される仕組みなのである。

 近隣で仲間とすでに例年恒例で開催される試合やイベントは、個人にとっても地域にとっても生きがいに近いものがあり、その後に決まる大きなゲームのスケジュールと比較するとその大切さは比較にならないものとなり、実施は観戦したい気持ちは強くあるが、苦難の判断をせざるを得ないのが現状である。

 ラグビーは現在、主要都市にある数万人規模のフルサイズのグランドでしか観戦できない。それも本来は満員となるはずの好カードも観客席がまばら、ラグビー自体のクオリティが向上しているだけに悩みどころではあるが、関係各所はチケットの販売ばかりに目が行き、一般的なメディアを通じたプロモーションにしゃかりきである。

 そんな中、大型グランドで構え待つスタイルを崩壊し、賑わいのあるまちに自らが繰り出し、スポーツをファッション化し、新しい感覚でより多くの方に身近に触れていただくことを目的として発案したのが、ストリートラグビーである。ラグビーを見たこともない多くの方にボールに触れていただき、その手触りや息遣いからラグビーを肌で感じていただくことがまずは大切だと考えた。

 ストリートラグビーは活気に溢れる市街地を舞台に、スピード感とタフネス、ビートに溢れ、観る人を魅了すると共にエキサイティングな空間を創造し、まちに躍動感と活気を与え賑わいや喜びを分かち合えるコンテンツでもある。また、誰もが参加できる安全で魅力的な競技で、2015年から今年までの間に、すでに120万人の中に出没し、13000人を超える通行人の皆さんに体験をしていただき怪我人は現在もゼロを維持している。

 ストリートラグビーの最も重要な目的の一つに、まちの新しいコミュニティーを創造し、イベントのみならず定期的に地域での練習会を実施し、ソーシャルキャピタルの向上や健康寿命の延伸を具体的ににらんだ、スポーツにおけるレガシーを追求するものである。

 すでに70か所を超える全国各地での大型イベントを実施し、地域の認知度を高め、すでにストリートラグビーインストラクターの数は500人近い数となり、今年は各町にシティアライアンスを創造し、権利や権限を委譲、そして地位に根付いたそれぞれのスタイルで定着を図りたいと考えている。

 少なくとも、ワールドカップ開催地やキャンプ地、もちろん周辺地域も含むが、市民の誰もが一度はボールに触れ、ラグビーやスポーツを自らが盛り上げることで、この日本の未来を少しでも良きものにしようと主体的に考え行動してほしいと願っている。特にラグビー経験者の皆さんの数は、1980年から2017年の間に、毎年平均2万5000人、累計で100万人もの引退者を有する。そんな皆さんが少し動き出せば、すべての未来はラグビーを通じて帰ることができると思う。「さあ いこう」ラグビーを愛する皆さん達。

blogger :大西 一平

プロフィール

大阪市立菫中学時代、野球からラグビーに転向。その後大阪工業大学高等学校(現在の常翔学園)に進学、卒業後1年間ニュージーランドでラグビー留学。帰国後明治大学に入学し、4年時主将として伝説の「雪の早明戦」に出場。卒業後1989年神戸製鋼に入社、同社ラグビー部(現神戸製鋼コベルコスティーラーズ)に入部。1991年から1993年まで主将を務めた。1995年引退、日本人初のプロコーチとなる。プロコーチとしては近畿大学,専修大学やその他多くのチームと契約。2003年、日本IBMの監督に就任する。2006-2007年シーズンの途中、チームの成長とともに2007年限りで監督を辞任。2007年現役時代の古巣である神戸製鋼コーチに再就任。2012年、般社団法人 OVAL HEART JAPAN 設立 代表就任。2013年、名古屋学院大学ラグビー部コーチ、愛知県立明和高校。2014年,常翔学園ラグビー部コーチ、名古屋学院大学ラグビー部コーチ、愛知県立明和高校、その他3チームを指導。2015年、常翔学園ラグビー部コーチ、名古屋学院大学ラグビー部コーチ、愛知県立明和高校、その他5チームを指導。2015年、ストリートラグビーというニュースポーツを開発、ストリートラグビーアライアンスを立ち上げ、ラグビーの認知度向上とスポーツを通じたソーシャルキャピタルの向上に向け始動。富山市、文化創造都市ビジョン策定委員会アドバイザー。2016年、一般社団法人ストリートラグビーアライアンスを設立、代表理事就任。その他5チームとコーチング契約。

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

FEMALE淑女

top back