【oltana(オルタナ)】洗顔による本格的な敏感肌ケア

2018年4月27日
開発に約4年の歳月を費やした、【oltana】の泡洗顔が5月8日(火)より発売されます。この商品を手に取ることで、洗顔への意識も変わるはず。

洗顔で肌トラブルを解決するってどういうこと?

肌トラブルの解決=美容液やクリームでの保湿、そう思い込んでいませんか。実際問題、スキンケアライン全体を通しての「スターアイテム」とされるのは、やはり美容液なのだそう。開発者の方たちも当然、美容液に本腰を入れるのが通例。そして美容液の価格設定に応じて、その他のプロダクトの価格帯を決めていくんだとか。そんな業界の暗黙のオキテを取っ払ってくれるのが、今回ご紹介する【oltana】の泡洗顔です。
肌トラブルの元凶はバリア機能の乱れによるもの。汚れをオフすることに加え、トラブルを沈静化する「洗顔をする意味のあるもの」を実現すべく、約4年間という月日を開発に費やした「SKIN-MEDITATION タイムマネージメントフォーム センシティブ[洗顔フォーム(敏感肌用)]」。着目すべき点はいくつもあるのですが、いちばんは「敏感肌の協力によるパッチテスト/アレルギーテスト済み」の表記でしょうか。アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎の方を対象に、48時間パッチテストを実施。またヒト皮膚に対するアレルギー性を評価するために、ヒト背部に3週間で計9回、24時間閉塞貼付した後、2週間の休止期間を置き、再度皮膚に反応が出るかを確認…… 文字にするだけでも分かる厳格な基準と、すべてのテストをクリアした製品だけに許されるもの。大手化粧品会社のプロダクトにおいても、片手で数えられるほどしか存在しないそうです。「精製水とほぼ同等」とされ、顔だけでなくデリケートゾーンに使えるほど安全性に優れています。
バリア機能の回復や、洗顔後に使用するスキンケア製品の浸透を引き上げるブースター効果。洗いすぎを防ぎ、落とすべき汚れだけを除去する処方…… 現代における肌トラブルの悪循環サイクルに注目し、製品劣化にも耐えうるパッケージ。用途別の美容液やクリームを使うように、洗顔にもきちんと目的を持たせ、さらには泡立て不要の時短っぷりもありがたい限りです。マーケット的には強気の価格設定ですが、その理由や使い心地、洗い上がりを知ると投資せずにはいられません。乾燥、かゆみ、肌荒れ、吹き出物…… 肌の不調を防ぎ、トラブルに負けない肌になるために、洗顔こそ見直してみませんか。
SKIN-MEDITATION タイムマネージメントフォーム センシティブ[洗顔フォーム(敏感肌用)]
180ml ¥4,200(税抜) ※5月8日(火)発売

editor :Ryoko Shimizu

プロフィール

1983年東京生まれ。大学在学中より女性誌にてライター活動開始、現在は並行してスタイリストのお仕事もしています。ビューティもファッションの延長。ストイックすぎず、楽しみながら取り入れられるTIPSを発信します。

Ryoko Shimizu関連記事

What's New新着記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

BLOGブログ

top back