【OVEROSE(オーバーローズ)のキャンドル】NYCコスメハント

2018年7月26日
ずっと探していた【OVEROSE】のキャンドルに、ニューヨークで出会ったお話。

ユニコーンのボトルが印象的。オブジェのようなキャンドルにときめいて

「ステラ マッカートニー」をはじめ、ファッション業界でキャリアを積んだマチュー・ベルハンドーが手がけるパリ発のフレグランスブランド【OVEROSE】。キャンドルをデザインオブジェとして捉え、自然由来のアロマオイルを「OVERDOSE(オーバードーズ)」…… 過剰摂取ならぬ贅沢に使用しているそう。ファッションアイテムに限らず、最近はコスメやインテリアグッツもInstagramで気になったものをピックアップ→オンラインで購入することが増えました。大抵のブランドはWorld shippingに対応していて、関税や送料はかかるものの東京にいながら欲しいものが手に入る! 素晴らしい時代です。前回ご紹介した「Glossier(グロッシアー)」もそうですが、例外的に日本への配送を行なっていない場合も。こちらの【OVEROSE】もそのひとつで、セレクトショップ等での取り扱いもなく肩を落としていたのでした。
NEXT「Supreme」と目されている、ニューヨークで大人気のストリートブランド「KITH」のSOHO店にふらっと入り、目に飛び込んで来た【OVEROSE】のキャンドル。興奮を抑えながらも3秒でレジへ(笑)。オリジナルブランド「KITH」に加えセレクトショップ的要素もあり、ミレニアル世代が好む今っぽいアイテムが勢揃い! ニューヨークでの新たなお気に入りアドレスとなりました。

このユニコーンのボトルは光の入り方で七色に変化し、火を点さなくともベッドルームがふんわり優しい香りに満ちて。「RAINY ROSE GARDEN」久々の雨を受けたローズから放たれる香気は、コンテンポラリーでいて癒し効果も。$68と強気な値段設定も受け入れてしまう、ルックスと香り立ちの良さに大満足しています。

KITH MANHATTAN
337 Lafayette St. NY, NY 10012

editor :Ryoko Shimizu

プロフィール

1983年東京生まれ。大学在学中より女性誌にてライター活動開始、現在は並行してスタイリストのお仕事もしています。ビューティもファッションの延長。ストイックすぎず、楽しみながら取り入れられるTIPSを発信します。

Ryoko Shimizu関連記事

What's New新着記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

BLOGブログ

top back