オヤジプログラマーの身だしなみ

Kazuhiro Kaz Kitagawa

プログラマー・ソフトウェアエンジニア・経営者

還暦前の現役のソフトウェアエンジニア・プログラマー・経営者。大学時代にUnix V6に触れてプログラミングーソフトウェア開発が好きになる。ソフトウェア開発会社を経て、慶應義塾大学大学院准教授となる。着任と同時にW3C World Wide Web Consortiumのチームスタッフ - モバイルWeb、Device Independence Activityのリードとなる。50にして大学を辞め、起業。それとは別に物好きでプログラムを書いている。講演、雑誌のライター、原稿書き、翻訳もこなす。Unityでデジタル絵本作成も経験する。ついにブロガーデビュー。中高年でもプログラマーとして仕事を楽しみ、プログラマーがカッコイイと言われるようにしたい。

Don't think, Feel - 考えるな、感じろ

2018年11月5日
パーソナルトレーニングを始めて、結構日にちがたちますが、違いが自然と実感できるようになってきます。今回は、自転車を運転している時に感じました。
この言葉、燃えよドラゴン(古いですね)でも使えれていますし、スターウォーズでもクワイガン、ヨーダも言っていた記憶があります。私が最初に就職したソフトウェア会社の経営者、現代画家でもますが、絵の意味を考えてはいけない。芸術は感じるんだよ、と画廊で言われた事を覚えています。

さて、トレーニングをすると体の変化を当然ですが感じます。シルエットが変わり、睡眠が深くなるなど。腰痛や肩こりが治るというのもありますね。

休日、久しぶりに自転車に乗り、背筋がピンをして自転車を運転している自分を発見しました。これが正しい乗り方かどうかは分かりませんが、感じです。
頭を引っ張られているように背筋を伸ばして、胸を張って歩けと言われても出来ないですよね。腰から歩けと言われてもね... 考えないといけない。感じるのが先ですね。

まだまだ、歩き方は良くないですが、背筋は伸び、胸を張って、股関節が動いて大股で歩けるようにはなってきた感じです。踵から着地している感じが乏しいのは、まだまだですね。
綺麗な歩き方、美しい歩き方は、筋力と筋肉を適正につけると、自然と身につくと思います。その他の運動においても、同様の事が言えるなかなと思います。

きっと、椅子に座ってプログラムを書いている姿勢も自然と変わるかもです。

正しい筋トレの勧めです。

blogger :Kazuhiro Kaz Kitagawa

プロフィール

還暦前の現役のソフトウェアエンジニア・プログラマー・経営者。大学時代にUnix V6に触れてプログラミングーソフトウェア開発が好きになる。ソフトウェア開発会社を経て、慶應義塾大学大学院准教授となる。着任と同時にW3C World Wide Web Consortiumのチームスタッフ - モバイルWeb、Device Independence Activityのリードとなる。50にして大学を辞め、起業。それとは別に物好きでプログラムを書いている。講演、雑誌のライター、原稿書き、翻訳もこなす。Unityでデジタル絵本作成も経験する。ついにブロガーデビュー。中高年でもプログラマーとして仕事を楽しみ、プログラマーがカッコイイと言われるようにしたい。

Kazuhiro Kaz Kitagawaブログ記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

FEMALE淑女

top back