オヤジプログラマーの身だしなみ

Kazuhiro Kaz Kitagawa

プログラマー・ソフトウェアエンジニア・経営者

還暦前の現役のソフトウェアエンジニア・プログラマー・経営者。大学時代にUnix V6に触れてプログラミングーソフトウェア開発が好きになる。ソフトウェア開発会社を経て、慶應義塾大学大学院准教授となる。着任と同時にW3C World Wide Web Consortiumのチームスタッフ - モバイルWeb、Device Independence Activityのリードとなる。50にして大学を辞め、起業。それとは別に物好きでプログラムを書いている。講演、雑誌のライター、原稿書き、翻訳もこなす。Unityでデジタル絵本作成も経験する。ついにブロガーデビュー。中高年でもプログラマーとして仕事を楽しみ、プログラマーがカッコイイと言われるようにしたい。

変化するオヤジ - 昔はスチュワーデス、今CA ではチェアマンは?

2018年11月8日
最近、ジェンダー(性別)による言葉を避ける傾向にあるのはご存知の通り。以前はスチュワーデスがキャビンアテンダント、じゃあ、チェアマンは? ちょっと言葉に注意してみると、矛盾が多い事にきづきますよ。何気ない言葉使いに深い意味があるかも。
大学教員時代に国際ワークショップをアメリカ人女性と私で主催し、議事司会を行ったことがあります。一般的に主催者や司会はchairmanーチェアマンと呼ばれますが、ジェンダーレスにするために、
chairpersonを使った事をふと思い出しました。この場合は、正確にはco-chairpersons またはco-chairsですが。

社会は変わりつつあり、あらゆるものがジェンダーレスになりつつあります。スチュワーデスはキャビンアテンダント(本当は保安要員)、看護婦は看護師などなどです。写真は、お友達の元CA -うん十年前はスチュワーデスでした。

chairmanをlongman 英英辞典で調べてみると、Many people use chairperson or chair instead, to avoid suggesting that this person must be a man.(一部抜粋)となっています。
様々なメディアでジェンダーレスを唱えていますが、チェアマンって堂々っと言っていたり、矛盾を感じますね。少しメディアを批判的に観てはいかがでしょうか?(言っている方にも勿論、言い分はあると思います)

ビートルズのpostman, 007 Living day lightsでmilkman、Hunt for Red Octoberでman made soundと言われていたのを思い出しました。今では、ご法度ですね。

些細な事ですが、こういう小さな事が社会全体としてハラスメントのもとになっているかもです。あくまでも個人的な意見です。
写真は本人の許可を頂き掲載しています。

blogger :Kazuhiro Kaz Kitagawa

プロフィール

還暦前の現役のソフトウェアエンジニア・プログラマー・経営者。大学時代にUnix V6に触れてプログラミングーソフトウェア開発が好きになる。ソフトウェア開発会社を経て、慶應義塾大学大学院准教授となる。着任と同時にW3C World Wide Web Consortiumのチームスタッフ - モバイルWeb、Device Independence Activityのリードとなる。50にして大学を辞め、起業。それとは別に物好きでプログラムを書いている。講演、雑誌のライター、原稿書き、翻訳もこなす。Unityでデジタル絵本作成も経験する。ついにブロガーデビュー。中高年でもプログラマーとして仕事を楽しみ、プログラマーがカッコイイと言われるようにしたい。

Kazuhiro Kaz Kitagawaブログ記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

FEMALE淑女

top back