福田豊BLOG『今日も明日もロックンロール!』

福田 豊

ライター

1959年東京生まれ。ライター、編集者。もともとは建築家であったが、ひょんなことから、出版界に移籍。『エスクァイア日本版』広告営業、編集部の後、現職。『LEON』『OCEANS』『ENGINE』『MADURO』などの雑誌を中心に、時計、クルマ、ファッション、旅などなど、男性のライフスタイル全般について執筆。インスタグラムでロックTシャツの紹介などもしてますので、よろしければフォローしてください。https://www.instagram.com/fukuda1959/

第18回:Greta Van Fleet 『Anthem Of The Peaceful Army』 (2018年)

2018年11月28日
長く休んでしまいました。すみません。でも相変わらず音楽は聴き続けていて書きたいことはいっぱい。今回は世界中のロックファンがいま大注目している新星、グレタ・ヴァン・フリートのお話です。

長くお休みをいただいてしまいました。今年は春から夏にかけて、なんだかずぅっとバタバタしていて。こういう「好きなこと」(音楽の話)って、余裕がないとできないんですね。

で、夏というとサマフェスですが、とても残念だったことがふたつ。

ひとつは、フジロック(FUJI ROCK FESTIVAL)のボブ・ディランを観に行けなかったこと。ノーベル賞受賞後初の来日で、記念すべき101回目の日本公演、ここ数年のシナトラカバーから打って変わっての「ロックなディラン」だったのですから、あー、観たかったなぁ。

そしてもうひとつが、サマソニ(SUMMER SONIC)のグレタ・ヴァン・フリートを観に行けなかったこと。こちらは、日本発上陸。まぁ、直前に出演キャンセルで来日しなかったのですが。

グレタ・ヴァン・フリートは、ご存じでしょうか。アメリカ、ミシガン州出身の4人組で、平均年齢19歳の若さで2017年3月にデビュー。地元アメリカをはじめ、全世界のロックファンが大注目している、超大型の新星です。

話題となったいちばんの理由は「レッド・ツェッペリンにそっくり」なこと。というと「なぁんだ」とか「ありがち」とか思う方もおられるかもしれませんが、しかし凄い!んだなぁ。

ふくだがグレタ・ヴァン・フリートに出会ったのは、2017年の夏に最初のEP『Black Smoke Rising』の輸入盤がタワーレコードに入荷したばかりのとき。そのころはまだ情報がほとんどなくて、CDを買って、聴いて、驚いた。

自分でいうのもなんなのですが、この歳になるまでウン十年間、レッド・ツェッペリンは相当に聴き込んできたつもりなのですが。でも知らずに聴かされ「ツェッペリンの未発表曲だよ」といわれたら、きっと信じちゃったでしょう。それぐらいに、ツェッペリンにそっくり。

もう、1曲目の「Highway Tune」の出だしのギターと歌い出しの「Oh, mama!」で「おおっ」て感じ。リフの「クセっぽい」ところとか、ドラムの「ため」とかも、まさにツェッペリン。3曲目の「Flower Power」のアコースティックなイントロや、ドラムの入り方、語りかけるように始まるヴォーカル、エンディングのキーボードなんかも、本当にそっくりです。

が、しかし、そっくりでも「物まね」ではないオリジナリティがあって、とにかく最高に格好いい。ラストのタイトルチューン「Black Smoke Rising」にはツェッペリンとはまったく違う魅力が感じられます。

2017年11月には『Black Smoke Rising』の4曲に新しい4曲を加えたダブルEP『From The Fires』を発表。これがまた聴き応えがあって、さらに人気が拡大。そんなわけで、同世代の若者はもちろん、1960~70年代の王道のロックを愛するオヤジ&オバサンたちもが、いまグレタ・ヴァン・フリートに大熱狂しているわけです。

そして10月には世界中が待ち望んでいたデビューアルバム『Anthem Of The Peaceful Army』をリリース。期待を裏切らない格好よさで、毎日どっぷりと聴いてます。ちなみに、日本版にはボーナストラックとして『Black Smoke Rising』の全4曲が収録されているので、これを買えばほぼ完璧です。

そしてそして11月2日に、待ちに待った来日公演が決定したことを発表。2019年1月に大阪と東京で全3公演が行われることになったのです。

ということで、今度は逃さず絶対に行くぞ! ロックを愛するオヤジ&オバサンの皆さん、ご一緒しましょう!!

blogger :福田 豊

プロフィール

1959年東京生まれ。ライター、編集者。もともとは建築家であったが、ひょんなことから、出版界に移籍。『エスクァイア日本版』広告営業、編集部の後、現職。『LEON』『OCEANS』『ENGINE』『MADURO』などの雑誌を中心に、時計、クルマ、ファッション、旅などなど、男性のライフスタイル全般について執筆。インスタグラムでロックTシャツの紹介などもしてますので、よろしければフォローしてください。https://www.instagram.com/fukuda1959/

福田 豊ブログ記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

FEMALE淑女

top back