【ご当地・和コスメ】鎌倉・黄金の湯「稲村ケ崎温泉」の保湿ローション「温泉美肌水」を冬のボディケアに迎えて

2018年12月10日
湘南・江ノ島 ー 鎌倉、美肌の湯「稲村ケ崎温泉」で見つけたコスメ「温泉美肌水(おんせんびはだすい)」。そのビューティアドレスのTIPSです。
1⃣ 鎌倉・黄金の湯「稲村ケ崎温泉」へ
2⃣ なめらか温泉保湿ローション「温泉美肌水」を発見

鎌倉・黄金の湯「稲村ケ崎温泉」へ

江ノ電に揺られて鎌倉方面へ。「稲村ヶ崎」駅で下車して向かうは目的地「稲村ケ崎温泉」。稲村ケ崎駅より徒歩3分というアクセスのいい温泉を訪れて。その泉質のパワーに惹かれます。

炭酸水素イオンやメタケイ酸の濃度の高さは、専門家も舌を巻く程だそう。これは世界的にもダントツの濃度、泉色は褐色で「黄金の湯」の名前の由来にも。不要な角質や毛穴の汚れを取り除いてクレンジング、弱アルカリ性の泉質で保湿力も高い、デトックス力も備わているのが湯の特長。湯あがりは、つるつるピカピカの肌を約束してくれるはず。これは美肌の湯といえる温泉です。

温泉から眺める湘南の海と空、頭を「ぼーっと」させるのは、心とカラダにとって最高の休息に。

なめらか温泉保湿ローション「温泉美肌水」を発見

ここで見つけたのが「温泉美肌水(おんせんびはだすい)」、源泉使用の全身につかえる保湿ローション。

肌に優しい保湿成分を配合。とろみのあるテクスチャで、ほんのりオレンジの香りも心地よい。適量を手に取って全身に塗布すれば、温泉入浴後のしっとり肌をキープ。手持ちのボディクリームと併用も叶って、毎日のバスタイムあとの乾燥対策に一役かってくれます。

ここでしか買えない、ご当地コスメは、店頭で購入する場合は、1,300円の特別価格で販売。通販のほうが割高です。ボディケアにたっぷり使える300mLも魅力。

鎌倉・湘南・江の島を訪れた際に、立ち寄ってみて欲しいビューティアドレスのTIPSでした。
稲村ケ崎温泉
Add:神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-16-13
Tel: 0467-22-7199
OP-CL:9:00~21:00(入場20:00迄)

editor :Yuko Ushikoshi

プロフィール

株式会社パズルリング 取締役。「3473a」 editor in chief。 東京生まれ下町育ち。1994年 株式会社セブン&アイ・ホールディングス(旧イトーヨーカ堂)に入社。1998年 商社の傘下にて多くのモバイルサービスを手掛ける。2004年フリーランサーとして独立。2008年 モードメディア・ジャパン株式会社(旧グラムメディア・ジャパン)の創業から5年間、メディア統括責任者を務める。2014年 創業時より現職、オンラインメディアのコンサルテーションやアドバイザリー、プロモーションの企画支援等を執行している。

・世田谷区卓球連盟理事
・終活カウンセラー

Yuko Ushikoshi関連記事

What's New新着記事

RANKINGランキング

記事はありません

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

BLOGブログ

top back