福田豊BLOG『今日も明日もロックンロール!』

福田 豊

ライター

1959年東京生まれ。ライター、編集者。もともとは建築家であったが、ひょんなことから、出版界に移籍。『エスクァイア日本版』広告営業、編集部の後、現職。『LEON』『OCEANS』『ENGINE』『MADURO』などの雑誌を中心に、時計、クルマ、ファッション、旅などなど、男性のライフスタイル全般について執筆。インスタグラムでロックTシャツの紹介などもしてますので、よろしければフォローしてください。https://www.instagram.com/fukuda1959/

第19回:Queen 『Live In Japan 1985』 (2018年)

2018年12月31日
2018年ももう終わり。今年はあまりブログをアップできなかったですが、でも相変わらずCDやDVDやBlu-rayやアナログレコードは買い続けています。そしてここ最近、増えているのが放送用音源のライヴCD。これがなかなかよいのですよ。

このところよく買っているのが、ラジオやテレビの番組用に収録したライヴ音源のお蔵出しCD。ちょくちょく見るようになったのは、4~5年ぐらい前からだったでしょうか。それがここ1~2年に急激に増えてきたのです。

放送用音源というと、レコード好きには昔からお馴染みの、ブートレッグ=海賊盤の王道ですよね。で、ここ最近出ているのも、ほとんどがアーティストの所属ではない、別レーベルからのリリース。だから「なんでブートレッグが急に増えたんだろ」なぁんて思っていたんですが。

ところがなんでも「放送用音源の権利を取得している」とのことで著作権に抵触しないのだとか。そんなの、昔からありましたっけね? なんだか新しい「裏技」みたいで、いまひとつ釈然としない感じもあったりして。それで「ハーフオフィシャル」「ハーフブートレッグ」なんていっているひともいます。

ですが、おそらく本当に違法性はないのでしょう。少なくともここに挙げたCDは、どれもTOWER RECORDS、HMV、amazonといった有名店で堂々と売られていたものばかり。なので、ブログでご紹介するのも、まったく大丈夫なはずです。

ちなみに、これらはごく一部。まだまだいっぱいあって、その山のなかから掘り出したので、アーティストが偏ってますけど、あまり意味はないので、そうご理解下さい。

さて。ということで話を進めると。なかなかの名盤が少なくないのですよ。

なかでも「Alive The Live」と名付けられたシリーズは粒ぞろい。オリジナル音源にリマスターを施すなどで音質がよく、パッケージのデザインも丁寧。輸入盤に日本独自の帯などを付けた、いわゆる「輸入盤国内仕様」で、日本語ライナーノーツのしっかりしている盤も多い。そしてなによりアーティストも、公演も、チョイスが絶妙なんだなぁ。

今回のメインのCDもAlive The Liveのシリーズから。映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットで世界的大人気再燃中のクイーンの『Live In Japan 1985』を選びました。

もともとの音源はNHKのテレビ放送用で、フレディ・マーキュリー生前最後の来日公演となった1985年のツアーの、5月11日東京国立代々木体育館でのライヴを2CDで完全収録。映像作品も後に発売されましたが、完全収録は今回が初。日本のファンなら、これは買っておかないと、ですね。

と、まぁ、そういうことで、ここ数年こういうライヴ盤を数多く買っているのですが。でも、「やはり」というか、「当然」というか、どれもが名盤ばかりではないんだな。なかには、音もパッケージも最低のシロモノも少なくない。また、ジャケットやタイトルが違うのに中身は同じという「ダブり」も多数。

要するに、ブートレッグの世界のそのまんま。というか、やっぱりブートレッグも、いっぱい混ざってるのじゃないかしら。

だけど、そういう玉石混淆のなかからお宝を探し掘り当てるのが、レコード好きの大きな楽しみ。実際、つい最近もデヴィッド・ボウイの10枚組で2300円とちょっと、というのをダメ元で買って(だって1枚230円なんだから)、それが1978年のNHKホールや1990年の東京ドームのライヴも含まれた「大当たり!」を見つけたばかり。

なので、これからも買い続けること、絶対間違いなし。ああ。かつて西新宿に通っていたころを思い出しちゃいますね。

blogger :福田 豊

プロフィール

1959年東京生まれ。ライター、編集者。もともとは建築家であったが、ひょんなことから、出版界に移籍。『エスクァイア日本版』広告営業、編集部の後、現職。『LEON』『OCEANS』『ENGINE』『MADURO』などの雑誌を中心に、時計、クルマ、ファッション、旅などなど、男性のライフスタイル全般について執筆。インスタグラムでロックTシャツの紹介などもしてますので、よろしければフォローしてください。https://www.instagram.com/fukuda1959/

福田 豊ブログ記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

FEMALE淑女

top back