京都『季節に寄り添う食と暮らし』料理研究家・小宮理実

小宮理実(こみやりみ)

おせち料理・行事食研究家

おせち料理や五節供、日本に伝わる行事食を専門とする料理研究家。四季を重んじ、人生の節目を大切にする「日本のこころ」を料理と共においしく、たのしく、わかりやすくお伝えしています。
おせち料理の専門家として新聞・テレビ・ラジオに多数出演。
京都で料理教室「ふくちどり」(会員制)を主宰し、おせち料理や家庭料理、食品開発の指導に努める。


〔テレビ〕kbs-kyoto.co.jp/tv/oya/
KBS京都『おやかまっさん』「季節の京都ごはん」レギュラー出演中
〔食コラム〕emiso.co.jp/fukufuku
京都・西京味噌『小宮理実のお味噌ふくふく便り』好評連載中
〔商品開発・監修業務〕
2017年『伊藤若冲大丸松坂屋生誕300周年記念おせち』を監修。その他、日本の伝統食、オーガニック食など商品開発を手掛ける
〔食育講演活動〕
2017年キッズ和食フェス「にっぽんの味」講演(ユネスコ)
小学校での食育活動、子供から大人まで楽しい!行事食についてお伝えしています。
〔おせち料理販売〕fukuchidori.com
毎年「京おせち福千鳥」(期間限定)を百貨店より販売しています。


・お問い合わせshiawasehakobu@fukuchidori.com
・料理教室専用okeiko_fukuchidori@yahoo.co.jp 担当:小澤

始末のおいしさ『獅子柚子のジャム』

2019年1月5日
師走にいただいた『獅子柚子』はしつらえとして楽しんだあとは、お得意のジャムへ。健康ジャムは皮もワタもまるごと加えます!
おせち料理研究家(行事食専門)・小宮理実(こみやりみ)です。
師走にいただいた大きな『獅子柚子』はしつらえとして楽しんでから……。

再び、甘さ控えめな柚子ジャムに大変身しました。
食べ物はどこも捨てません、始末することは人のみが持つ優雅さ!知恵と工夫は暮らしの美しさにつながると信じているので、命あるものは最後まで使いきります。

いつも思い出すのが、商品開発の仕事をはじめたころ、流行っていたのかな?よくジャムの開発依頼を受けました。約2年間くらい、ジャムばかり作っていた時期があり、そのお陰でいまは自分好みのジャムも手際よく進められるように。甘味はてんさい糖、きび糖、グラニュー糖の3種をブレンド、仕上げには柑橘の果汁をたっぷり加えて爽やかな味わいにします。
写真にはありませんが、いろいろなかたちの瓶(再利用)に詰めたものは、約9瓶。まずは四人の両親に、大切なスタッフに、こちらの獅子柚子をいただいた方にもお配りをして、最後のひと瓶となりました。寒い時期、パンやチーズにのせてパクっといただきます。
獅子柚子さん、今年もありがとう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【お知らせ・活動報告】
★2018年11月30日、活動名を小宮真由から小宮理実(こみやりみ)へ改名しました!
今後とも変わらぬご支援の程、どうぞよろしくお願い申し上げます!

blogger :小宮理実(こみやりみ)

プロフィール

おせち料理や五節供、日本に伝わる行事食を専門とする料理研究家。四季を重んじ、人生の節目を大切にする「日本のこころ」を料理と共においしく、たのしく、わかりやすくお伝えしています。
おせち料理の専門家として新聞・テレビ・ラジオに多数出演。
京都で料理教室「ふくちどり」(会員制)を主宰し、おせち料理や家庭料理、食品開発の指導に努める。


〔テレビ〕kbs-kyoto.co.jp/tv/oya/
KBS京都『おやかまっさん』「季節の京都ごはん」レギュラー出演中
〔食コラム〕emiso.co.jp/fukufuku
京都・西京味噌『小宮理実のお味噌ふくふく便り』好評連載中
〔商品開発・監修業務〕
2017年『伊藤若冲大丸松坂屋生誕300周年記念おせち』を監修。その他、日本の伝統食、オーガニック食など商品開発を手掛ける
〔食育講演活動〕
2017年キッズ和食フェス「にっぽんの味」講演(ユネスコ)
小学校での食育活動、子供から大人まで楽しい!行事食についてお伝えしています。
〔おせち料理販売〕fukuchidori.com
毎年「京おせち福千鳥」(期間限定)を百貨店より販売しています。


・お問い合わせshiawasehakobu@fukuchidori.com
・料理教室専用okeiko_fukuchidori@yahoo.co.jp 担当:小澤

小宮理実(こみやりみ)ブログ記事

RANKINGランキング

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

FEMALE淑女

top back