【Glossier(グロシエ)】NYコスメ最新情報

2019年9月20日
今月からニューヨークに住むことに。現地からアラフォーのための「身だしなみ」情報をお届け!
1⃣ ニューヨークの旗艦店がリニューアルオープン
2⃣ スキンケアの新製品をチェック!

ニューヨークの旗艦店がリニューアルオープン

Soho、Canal Street Stationすぐそばのペントハウスから同じビルの1-2階にお引越し。世界中から愛用者が押し寄せ、週末のお昼どきは写真のHoward Stまで行列ができるほどの人気っぷり!より広々とした空間で、大人気のプロダクトすべてのラインナップを手に取ることができるようになりました。

パッケージが可愛い【Glossier】ですが、信頼している同世代の女性ヘアメイクさんから「プロダクトがしっかりしていて、スキンケアもおすすめ」と聞いていたので今回はスキンケアを中心にパトロール。

スキンケアの新製品をチェック!

はじめに目にとまったのはアイ+リップクリーム。ヒアルロン酸、スクワラン、アボカドオイルといった自然由来成分を使用。乳液に近いテクスチャーで、粘膜を優しく保湿してくれる「Bubblewrap」は、敏感肌にも使える処方とのこと。パラベン、クルエルティ(動物実験)フリーのヴィーガンプロダクトです。
Bubblewrap $26

【Glossier】のYouTubeを見ると、必ずメイク後にフィックスミストを使用しているので気になっていました。ローズの良い香りで、メイクをしたまま顔に吹きかけるとツヤっぽい仕上がりに。
Smoothing Face Mist $15

あまりにキュートだったのでご紹介。こちらはまさかのドックトイなんです。ボトルからマスカラがちゃんと外れる可愛すぎるシステム!愛犬家へのおみやげにいかが?
Toy Brow $10

いつ訪れても洗練された、最先端のユニークなディスプレイ。

フロリストはフォトグラファーでもあるDoan・Lyさん。お花のセンスも抜群で、自宅でのアレンジメントや花束をオーダーするときの参考にしています。

年齢層も人種も様々なニューヨークらしい光景。ベビーピンクのオールインワンを着たスタッフにオーダーを伝え、その場でお会計を済ませます。

ウェイティングスペースで名前が呼ばれるのを待ち、商品をピックアップするシステム。

オンラインショッピングが主流となり、店舗でお買い物をする機会が減っていますが「Glossier」は何度でも足を運びたくなる場所。残念ながら日本への配送は行なっていないので、ニューヨークに来た際は是非立ち寄ってみて下さい。平日の夕方以降なら比較的スムーズにショッピングを楽しめるはず。
Glossier Flagship

123 Lafayette St, New York, NY 10013
営業時間11:00〜21:00

editor :Ryoko Shimizu

プロフィール

1983年東京生まれ。大学在学中より女性誌にてライター活動開始、現在は並行してスタイリストのお仕事もしています。ビューティもファッションの延長。ストイックすぎず、楽しみながら取り入れられるTIPSを発信します。

Ryoko Shimizu関連記事

What's New新着記事

RANKINGランキング

記事はありません

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

BLOGブログ

top back