パリのスキンケア意識がお手本!「いま時代」のメイク下地、BIODERMA「イドラビオ パーフェクター」

2016年10月14日
フランス・パリのスキンケア意識がお手本です。いま時代の素肌美人を目指しませんか。
1⃣ フランス・パリのスキンケア意識の変化
2⃣ 日本で最も乾燥している都道府県
3⃣ いま時代のメイク下地で素肌美人を目指す



フランス・パリのスキンケア意識の変化

フランス帰りの彼が、パリのスキンケア事情を話してくれました。

❝ 昔からナチュラル志向の強いパリジェンヌは多いけれど、近頃は特に、過度なメイクや化粧でカバーするようなことが好まれなくなってきた感じです。パリではデイリーケアが中心、汚れをきちんと落として保湿する、そういった素肌に対する意識が高くなっていると思います ❞

このようにパリジェンヌのスキンケア意識には、嗜好の変化がみられます。パリではいま、「素肌美人」がトレンドで、これが「いま時代」なのです。
それは、すっぴんで何もケアしないことではありません。メイクをしないということでもありません。それは、素肌の美しさが際立つメイクをすることだそう。パリではこのような女性たちが、いま時代のフレンチビューティなのだといいます。



日本で最も乾燥している都道府県

こういったトレンドから、ベースである素肌にシミの原因をつくり、影響を及ぼす「紫外線」や、この季節からはじまる「乾燥」に対してもデイリーケアの意識が高まってくるわけです。それは日本でも、共通することではないでしょうか。

フランスの化粧品ブランド「BIODERMA(ビオデルマ)」の発表によると、日本で最も乾燥している都道府県は「東京」、秋冬(9月~3月)は砂漠以下の湿度になるそうです。

いま時代のメイク下地で素肌美人を目指す

ここにパリジェンヌのニーズを追求した、その「ビオデルマ」から、「イドラビオ パーフェクター」をご紹介します。「ビオデルマ」はフランスで、根強い人気のあるブランドとして知られています。
日本は乾燥がはじまるシーズンに突入、肌の水分バランスが崩れて敏感になり、不快感を生じてきます。肌の潤い(水分)を肌の奥へ、しっかり届けるメイク下地があれば心強いですね。さらに紫外線をしっかりカットしてくれる、それが「イドラビオ パーフェクター」です。

メイク下地として最適なこれは、素肌美づくりのお役立ちアイテム。うすいピンク色のパールトーンのテクスチャ。チューブからクリームを手にとり、肌につけると少量で伸びのいいことがわかります。素肌がうすいピンクべールを纏ったかのように、パール成分が素肌をやわらかくぼかし、ベルベットのようにつややかで輝く印象に導いてくれます。使うほどに肌馴染みのいいことがわかるはずです。

貴女もパリジェンヌのスキンケア意識をお手本に、「素肌美人」を目指しませんか。


ビオデルマ イドラビオ パーフェクター(日中用クリーム)SPF30/PA+++ 40ml 3,200円(税別)




editor :Yuko Ushikoshi

プロフィール

株式会社パズルリング 取締役。「3473a」 editor in chief。 東京生まれ下町育ち。1994年 株式会社セブン&アイ・ホールディングス(旧イトーヨーカ堂)に入社。1998年 商社の傘下にて多くのモバイルサービスを手掛ける。2004年フリーランサーとして独立。2008年 モードメディア・ジャパン株式会社(旧グラムメディア・ジャパン)の創業から5年間、メディア統括責任者を務める。2014年 創業時より現職、オンラインメディアのコンサルテーションやアドバイザリー、プロモーションの企画支援等を執行している。

・世田谷区卓球連盟理事
・終活カウンセラー

Yuko Ushikoshi関連記事

What's New新着記事

RANKINGランキング

記事はありません

NEW新着

GENDERLESS紳士&淑女

MALE紳士

BLOGブログ

top back