最新の国際ニュース

ニュース速報|毎日のトップ 新陳代謝なき日本バドミントン界「大きく変わらないと」関係者嘆く|TKO NEWS毎日のトップ 新陳代謝なき日本バドミントン界「大きく変わらないと」関係者嘆く



東京五輪バドミントン混合ダブルスで銅メダルを獲得した渡辺(左)と東野。日本勢のメダルはこの1つに終わった(AP) 東京五輪でメダルラッシュが期待されたバドミントンは、混合ダブルスでの銅メダル1個だった。日本勢は直近の19年世界選手権で全種目で表彰台に上がり、今大会も全種目で世界ランキング5位以内の選手をそろえていた。日本協会は金3個を含むメダル6個という目標を掲げながら、優勝候補選手が次々と敗退。負傷に泣いた選手もいた。  日本協会専務理事を務めた現日本実業団連盟の今井茂満理事長は「いろんな競技団体が一丸となっているが、バドミントンは一丸になれていなかった」と語る。日本協会は50歳代の理事でも
===========
Thanks for watching!

ソース

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button