ゲームニュース

動画広告を表彰する「YouTube Works Awards 2021」日本初開催 ナイキ、トヨタ、モビリティランドなどが受賞(Impress Watch)

 Googleは5月27日、YouTubeで高い効果を獲得した動画広告を表彰する「YouTube Works Awards 2021」を日本で初めて開催し、全7部門の部門賞とグランプリを発表した。

 YouTube Works Awardsはイギリスで始まり、アメリカなど世界各国で開催されていて、広告界・YouTubeを代表するクリエイターが審査を行なうもの。日本では4月に審査員長に澤本嘉光氏(電通)、ヒカキン氏(YouTuber Creator)を招き、各部門の代表審査員7名をはじめ、合計19名の審査員によってオンライン審査会を実施し、応募総数全44作品の中から受賞作品を選定した。

 グランプリはForce for Good 部門も同時受賞したナイキジャパン。Media Orchestration部門はトヨタ自動車、YouTube Creator/Partner Collaboration 部門はモビリティランド、Creative Effectiveness 部門は大塚製薬、Performance for Action 部門はゲームオン、Small Budget, Big Results 部門は池田模範堂、Breakthrough Advertiser 部門はカネテツデリカフーズがそれぞれ受賞した。

 また、この審査会の様子およびインサイトをまとめたレポートが「Think with Google」で5月27日より随時公開されるという。

 以下は受賞作品と担当者の受賞コメント。

Grand Prix&Force for Good 部門……ナイキジャパン

 各部門の中でもっとも YouTube 広告の未来を指し示すものであると審査員が決定したもの。また、社会に広く影響を及ぼしたクリエイティブ
作品名:Nike Japan – 動かしつづける。自分を。未来を。The Future Isn’t Waiting
企業名:ナイキジャパン
企画・制作:Wieden+Kennedy Tokyo

・ナイキジャパン PR サンユン・チャン氏のコメント
「動かしつづける。自分を。未来を。をご覧くださりありがとうございます。私たちは、スポーツにはよりよい世界がどのようなものかを示し、前向きな変化を促す力があると信じています」

Media Orchestration部門……トヨタ自動車

 オフライン&オンラインメディアの組み合わせとして画期的であり効果のあったクリエイティブ
作品名:「トヨタイムズ(シリーズ)」
企業名:トヨタ自動車
企画・制作:トヨタ・コニック・プロ/電通

・トヨタ コニック プロ ブランドマーケティング本部 ブランディング部 トヨタイムズユニット ユニットリーダー 北澤重久氏のコメント
「トヨタイムズは、広告と広報を融合させた本気のオウンドメディアです。社内で実際にトヨタイムズ編集部を立ち上げ、リアルな取材をしています。CMは、Webへの入り口。WebやYouTubeチャンネルには、CMには収まりきらない取材の全貌やWeb独自の記事も掲載しています。さまざまなメディアを横断したコミュニケーションへの挑戦をご評価いただけたのではないかと思っています。今後もYouTubeをはじめとするプラットフォームを活用し、より「本物」のメディアになるべく挑戦を続けてまいります」

YouTube Creator/Partner Collaboration 部門……モビリティランド

 YouTube クリエイター・パートナーとのコラボレーションを行ない、かつ高い効果を獲得したクリエイティブ
作品名:森の中のモビリティテーマパーク ツインリンクもてぎ
企業名:モビリティランド
企画・制作:UUUM

・モビリティランド ツインリンクもてぎ 総支配人 岡野和彦氏のコメント
「今回このような賞をいただき大変光栄に思います。フィッシャーズの皆さんには、ツインリンクもてぎの広大なフィールドを自由に使っていただき、日本中の子ども達がワクワクするようなYouTubeコンテンツの制作を依頼しました。その結果、我々の想像を遥かに超えたアイデアとパフォーマンスに溢れる作品となり、かつてない大きな反響となりました。これからも YouTube のさらなる可能性に期待し、多くのクリエイターとともにツインリンクもてぎの魅力を発信していきたいと思います」

Creative Effectiveness 部門……大塚製薬

 もっともビジネスに貢献したクリエイティブ
作品名:「2020年、夏、部活。」
企業名:大塚製薬
企画・制作:博報堂/AOI Pro.

・大塚製薬 ニュートラシューティカルズ事業部宣伝部 課長 上野隆信氏のコメント
「YouTube は、長尺の動画もしっかりと視聴いただける環境のため、深くブランドメッセージを伝えるために欠かすことができないプラットフォームです。また、ターゲットはもちろん、幅広い世代の方に視聴いただけるため、予想を超えて多くの反響をいただくことができ大変嬉しく思っております。この度の受賞を励みに、これからもよいクリエイティブの発信に努め、より一層YouTubeを活用していきたいと思います」

Performance for Action 部門……ゲームオン

 もっともコンバージョンに寄与したクリエイティブ
作品名:「この世界は、青春みたいだ。」
企業名:ゲームオン
企画・制作:博報堂/SIX INC/AOI Pro.

・ゲームオン マーケティング部 部長 杉村知顕氏のコメント
「ゲームの広告は、よくもわるくもゲームの映像を用い、その特徴を謳う必要があります。しかし、今回の映像は、『LOST ARK 』がもつ、ゲームの魅力とその可能性を、ゲームそのものではなく、オンラインゲームが本来持つ「楽しさの本質」で伝えることを念頭に製作しました。多くの共感や反響、ご意見をいただき感謝しております。今後も YouTube を活用し、ゲームのよさを伝えていきたいと思います」

Small Budget, Big Results 部門……池田模範堂

 少ない予算で大きな効果を獲得したクリエイティブ
作品名:股間戦士エムズーン「アニメ動画×声優・Vtuberコラボによるブランド価値の最大化」
企業名:池田模範堂
企画・制作:電通/フィックス

・池田模範堂 市場開発室 リーダー 浜松英一氏のコメント
「広告効果の最大化を掲げて、WebCMの制作、企画立案を行なってきました。このような賞を頂きまして、誠に嬉しい限りです。視聴者の反応がよければ、効率にも反映されますので、効果検証がしやすく、毎年パワーアップすることを目標に取り組んできた結果だと思います。ターゲットをセグメントできるので、効率良くアプローチできるのもYouTubeの魅力です。今後もYouTubeを活用し、ブランディングを行なってまいります」

Breakthrough Advertiser 部門……カネテツデリカフーズ

 該当期間中に本格的に YouTube に出稿して目標を達成した広告主
作品名:カネテツ
企業名:カネテツデリカフーズ
企画・制作:電通関西支社/高映企画

・カネテツデリカフーズ 代表取締役 会長 村上健氏のコメント
「この度は受賞ありがとうございました。このコンテをいただいた時には、広告というよりもなんだかあまり深い意味のないメッセージが、妙に熱い語り口で語られて、「なんじゃこれ!」(すみません関西弁で)と思いましたが、そういうメッセージを流すのがカネテツらしいと思い、採用しました。これを見た方々が「ふっ」っと鼻で笑って社名を覚えていただければそれで成功です。まさかYouTubeという最大のプラットフォームで賞までいただけるなんて望外の喜びです。これからもカネテツらしい広告を発信してまいります。今後とも引き続きよろしく見守ってください」

Car Watch,編集部:塩谷公邦

クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button