ゲームニュース

『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る – ファミ通.com

 最近では、『ウマ娘 プリティーダービー』が爆発的なヒットを記録したサイゲームス。

 そのサイゲームスには、家庭用ゲーム機・PC向けタイトルを開発する“コンシューマー事業本部”が存在する。

 陣頭指揮を執るのは、過去に個性的なシリーズを手掛けてきた高木謙一郎氏。その高木氏がディレクション、プロデュースする最新作として、『Project GAMM(ガム)』が発表された。

 まだ正式タイトルも発表されておらず、秘密のヴェールに包まれた本作。その詳細に迫るため、高木氏にインタビューを行い、内容をうかがった。

サイゲームス10周年記念 ファミ通.com特設サイト

『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る

 今回のインタビューに合わせて、ゲーム画面とともに多数の設定資料を確認できた。

 白い魔法使い、メイド服のような服装の少女や、大きな機械に乗る子どもはプレイヤーキャラクターだろうか?

 設定資料には、画像として公開されていないキャラクターも映し出されている。ぜひ、注目して欲しい。

『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る

高木謙一郎(たかきけんいちろう)

 『勇者30』や『閃乱カグラ』シリーズなどを手掛けてきたクリエイター。2019年にサイゲームスへ入社。現在はコンシューマー事業本部のトップとして活動している。

『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る

タイトルのコンセプトは“優雅さや美しさ”

――サイゲームスという新天地で完全新作を発表されましたが、いまの意気込みは?

高木「時代が変わりゆく中、新しいものを作りたい」という漠然としつつも強い想いを持ってサイゲームスに入社しました。この会社なら何ができるのかというのを2年間、コンシューマー事業の組織作りをしながら考えており、それが形になってきたので、1年ほど前から本格的に新作の制作に着手しました。ビジュアル的にもゲーム的にも刺激的というか、あまり見たことがないものを作りたいと、開発スタッフとは長く話し合ってきました。

――ビジュアルを見ると、魔法使いがメインキャラクターになるのでしょうか。

高木日々企画の話し合いを何度も続けていく中で、どこかのタイミングで出てきた“魔法使い”のキーワードと、作りたかった“ハデに戦えるゲーム”というパーツがバチッとハマったんです。そこからは早くて企画書を数日で書き上げて試作に取り掛かりました。

 これまでずっとやりたかったものとして、王道ファンタジーど真ん中を貫く作品というのがあり、とにかく今回はそれに挑戦し、突破したい。これまで、ディレクターとして突き抜けたい気持ちとプロデューサーとして、ある程度の線引きをどこかでしなくてはいけない、相反する気持ちのバランスを取りながら作ってきましたが、“シンプルにいいゲームができるまで諦めずにやる”というサイゲームスのよさを最大限に活かして、最後まで妥協せずに開発する心づもりです。特別なことではなくて、愚直にいいもの、作りたいものをしっかり作りきろうと。

――高木さんの熱い想いが感じ取れるようですね。今回発表された『Project GAMM』とは、いったいどのようなゲームなのでしょうか。

『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る

高木ハデに気持ちよく戦えるということをコンセプトとした対戦アクションゲームになっています。この“気持ちよく戦える”というのはアクションの基本だと思いますが、それに加えて、戦い自体に優雅さや美しさを感じ取れるようにしたいと考えています。

――キャッチコピーにもある、“これは世界でいちばん、美しい戦い。”のことですね。

高木もともと、開発方針として掲げていた言葉なのですが、ビジュアル面もそれを反映したものになっています。戦っている様をまるで踊っているような気持ちになれるところまで持っていきたいなと。

――本作の世界設定も気になるところです。

高木基本的にはファンタジー世界で、魔法がふつうに存在する世界になっています。ただ、魔法といってもエネルギーを飛ばすだけではなくて、剣を使ったり、機械を使ったりする魔法使いもいるかもしれません。魔法という定義が、かなり広い世界観になっています。

――機械もですか?

高木機械を動かすエネルギー自体も、魔法を使っているような世界なんです。

――今回はイメージアートをいくつか見させていただいていますが、注目ポイントはどこになりますでしょうか。

高木イメージアートにある魔法使いっぽいキャラクター(シメイ)を見ていただくとわかるのですが、何かを飲んでいて、まわりに花が描かれています。その手にある物は赤ワインのように見えるけどお酒ではなくて、魔法そのものなんです。謎めいたこの世界のキーワードをこのビジュアルから感じ取っていただけるとうれしいです。

『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る
『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る

――飲む魔法も存在するんですね。

高木このほかにも、いろいろな魔法が存在しています。どんな魔法が飛び出すかは、今後のお楽しみということで。

――本作は、その魔法使いたちが戦う物語になるようですが、戦う理由についても教えていただけますでしょうか。

高木この世界が必要としている“ある魔法”を作り出す方法を、魔法使いたちが探しています。そのために、魔法使いたちはひたすら戦い合って、魔法を鍛え上げている世界というのがベースになっています。その日々の中で多くのキャラクターたちの物語が重なり合い、熟成されていくのです。その行きつく先は私にもまだわかりません。

――メインスタッフについてもおうかがいします。キャラクターデザインにモグモさんを起用した理由を教えてください。

『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る
『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る

高木世界というか業界がどんどん変化していくなかで、いちばん変化を見せやすいビジュアル表現には新世代のイラストレーターを起用し、新しいデザインで構成していきたいと考えていました。そんななか、モグモさんの存在をSNSで知ったのですが、瞬間的に「この人だ」って思ったんです。

――ビビッときたわけですね。

高木それはもう(笑)。実際にすごいいい絵を描いていただいていますし、皆さんも好きになってくれる作風の方だと確信しています。

――キャラクターデザインをモグモさんと進めるうえで、心掛けていることはありますか?

高木企画コンセプトのひとつとして、“踊るように戦う魔法使い”というのがあります。立ち姿もそうですし、戦ったときの所作の全てに美しさを感じ取れるようなデザインにしようと話し合っています。

 たとえば、イメージアートの女の子(リコッタ)は片側だけマントを身に着けているんですけど、くるっと回ったとき、飛んだとき、走ったとき、何かを撃ったときに優雅にマントが揺れるようなキャラクターデザインにしています。

『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る

――こういったひらひらしたパーツが多い衣装を着たキャラクターになると、3Dモデルにするのがたいへんそうですね。

高木そうですね、普通は避けていくデザインだと思っています。私の過去の経験からも言えるのですが、こういったゲームは、キャラクターにファンの方が多く付いてくれます。キャラクターの集合が世界になるので、ひとりひとりの個性や魅力をとにかく重視して作っていこうと思っています。

 衣装の揺れかたひとつとっても、シャツとジャケットがいっしょに動くのって不自然ですよね。そういった細かいところもしっかりと表現を重ねていくことがキャラクターに命を吹き込むことになるので、しっかりと突き詰めていきたいです。

――イメージアートに描かれているキャラクターが、本作の主人公ということですか?

『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る

高木その予定です。ただ、全員が主役級の魅力を持てるように日々思案中です。

『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る
『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る
『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る

――今回公開されたキャラクターは、全員操作キャラクターになるのでしょうか。

高木そうですね。いま見えているのはほぼ全員操作キャラクターです。本作のメインとなるのは、マルチプレイの対戦モードになりますが、世界観やキャラクターの魅力というのがコンテンツにおいてはかなり重要です。ですので、ひとりでじっくり遊べる要素も充実させる予定です。

――RPG的な成長要素があるのでしょうか?

高木やっぱり、プレイした積み重ねが残ることは重要だと思っています。ですが、RPGのようにやればやるほど強くなってしまうと対戦アクションゲームとしてはルールが破綻してしまいます。本作はあくまでマルチプレイを軸にしているので、プレイヤーの実力を段階的に上達させられるような仕組みを取り入れていきたいと思っています。

 段階的に魔法や特殊能力が解放されて、カスタマイズして、より自分の強さを引き出していけるようなゲームを目指していきます。

――今後の情報発表が楽しみです。現在は開発のどのくらいのターンなのでしょうか。

高木私とモグモさんらで、キャラクターを作ったり世界観を詰めたりをしつつ、ベースのゲームデザインを固めている所です。一気に全部を進めようとせず、じっくりと本作のアート部分や世界観をまとめたうえで、つぎのターンに進みたいと考えています。

 ゲームの中身については、試作として作ったバージョンで毎週開発スタッフたちとマルチプレイをして、細かいルールを詰めています。開発初期の段階で自分たちが何を作ろうとしているのか?何を作るべきなのか? をしっかりと見極めておもしろいゲームの基礎を仕上げていっています。

――海外での展開は考えられていますか?

高木ゲームを作る以上は、ひとりでも多くのプレイヤーさんに遊んでいただきたいという個人的な想いもありますし、サイゲームスのコンシューマー事業本部としても最高のコンテンツを世界に届けることをミッションとしていますから、できる限り挑戦したいと考えています。

――そのほか、ここに注目してほしいという部分があれば、教えてください。

高木今回お見せしたキャラクターは、本当にほんの一部です。リリース時には、この何倍ものキャラクターが登場するので楽しみにしていてください。また、“ハデな戦いができる”とお伝えしましたが、皆さんが想像するような“ハデさ”を何段階も超えていけると思っています。その新しく思い描いたゲーム映像をできるだけ早くお届けしたいと思いますので、こちらも楽しみにお待ちください。

『Project GAMM(ガム)』ディレクター/プロデューサー高木謙一郎氏インタビュー。サイゲームスが手掛けるコンシューマー向け完全新作アクションゲームの秘密に迫る

――そのほかにも高木さんが主導するコンシューマー事業本部としての取り組みも気になりますが、いかがでしょうか。

高木大きな目標として、“世界にサイゲームスのコンテンツを届ける”というものがあります。直近、会社としては『グランブルーファンタジー』や『シャドウバース』などのコンテンツのコンシューマー化を行ってきており、今後も大小さまざまなコンシューマーゲームを作っていく計画です。

――『Project GAMM』以外にも動かれているんですね。

高木すでにいろいろと作っていまして、内部だけでなく外部のデベロッパーさんたちと組んでやるというのを増やしています。様々な感性を掛け合わせて確かなゲームを作りつつ、あらゆる方向のチャレンジもしていくというのを、これから数年はじっくり続けていきたいと考えています。

 ゲームをおもしろいと思う感情は万国共通だと思います。文化的な背景とか趣味趣向はありますが、まずは自分たちが絶対におもしろいと思うゲームをしっかりと作っていますので、さらなる世界中のデベロッパーさんからのアイデアを募集しています。

――最後に、今後の抱負や意気込みも聞かせてください。

高木本当に、ただひたむきに最高のコンテンツを求めて作っています。まだお時間をいただくものが多いですが、すでにサイゲームスとしてさまざまな媒体でいろいろなコンテンツがリリースされていますので、それらを楽しんでいただきながら、『Project GAMM』やほかの未発表コンシューマー向けタイトルをお待ちいただければうれしいです。必ず、皆さんの期待以上のゲームをリリースします!

週刊ファミ通5/27号、6/3号は2号連続サイゲームス10周年特集!

週刊ファミ通(電子版)のご購入はこちら。電子版もシリアルコード付き!


BOOK☆WALKERで購入


Kindleで購入

クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button