ゲームニュース

“黒いPS5”に着せ替え! プレイステーション 5公式専用カバーをさっそく装着してみた(Impress Watch) – Yahoo!ニュース

【この記事に関する別の画像を見る】

 2020年11月12日に発売された家庭用ゲーム機「プレイステーション 5」。その人気から今もなお入手困難なハードではあるが、発売より1年以上が経過し、そろそろ本体のカラーバリエーションに新色が出てくる頃合いではないかと思っていた方もいることだろう。待望となるカラーバリエーションは本体セットではなく、なんと着せ替えることで色をカスタマイズできる「カバー」として販売される。

 「PlayStation 5用カバー」および「PlayStation 5 デジタル・エディション用カバー」は、手持ちのPS5カバーを付け替えることができる商品。PS5本体の上下カバーは簡単に取り外しが可能となっており、家庭のインテリアや好みに合わせた色のカバーに取り替えて使用できる。また、PS5用標準コントローラー「DualSense ワイヤレスコントローラー」と合わせて、好みのカラーリングのカバーによる本体のカスタマイズを楽しむことができる。

 PS5用カバーおよびDualSense ワイヤレスコントローラーは「ギャラクシーコレクション」として、鮮やかな星雲の色からインスピレーションを受けた5種類のカラーバリエーションを展開。DualSense ワイヤレスコントローラーでは、1月14日より先行して新色「ノヴァ ピンク」、「ギャラクティック パープル」、「スターライト ブルー」がデビューを果たしている。今回の「PS5用カバー」では、夜空に広がる「宇宙」そのものをイメージした「ミッドナイト ブラック」と、宇宙に点在する独特の鮮やかな赤の色合いに着想を得た「コズミック レッド」の2色が先行発売されることになる。

 本稿では、いよいよ明日1月27日に発売日を迎える「PlayStation 5用カバー」の「ミッドナイト ブラック」および「コズミック レッド」両モデルの開封フォトレポートをお届けする。色ごとに着せ替えするだけでなく、標準カラーであるホワイトカラーのカバーなどと組み合わせて自分だけのパターンにカスタマイズすることも可能な「PS5用カバー」。先代「プレイステーション 4(CUH-1000系)」においても「HDDベイカバー」が発売されていたが、今回はソニーストア限定ではなく、全国の取扱店舗およびECサイトにて販売される。カバーを着せ替えることで変わっていく本体の雰囲気をぜひ味わっていただきたい。

 なお、今回の撮影ではPS5(ディスクドライブ搭載モデル)にカバーを装着して撮影を行なった。「PS5用カバー」は、本体のラインナップに合わせて「PlayStation 5用カバー」と「PlayStation 5 デジタル・エディション用カバー」の2種類が用意される。したがって、「PlayStation 5用カバー」はデジタル・エディションでは使用できない。その逆も然り。購入の際には使用しているモデルに合ったカバーを選ぶようにしよう。

■ コツを掴んで簡単着せ替え!「PlayStation 5用カバー」を装着してみた

 PS5本体を好みのカラーに一新する「PlayStation 5用カバー」。PS5と言えば購入後、開封してまず最初に驚くのがそのサイズ感だろう。一般的なランチョンマットのサイズに近い、およそ縦39cm×横26cmのカバーが2枚も入っているパッケージは、DualSense ワイヤレスコントローラーの箱が大体2個分の横幅。それだけでかなりの大きさで存在感がある。

 正面のパッケージデザインは「プレイステーション」シリーズのコントローラーでもお馴染みの「△〇×□」マークである“プレイステーション シェイプスロゴ”を背景に、「PlayStation 5用カバー」を大きく配置。特徴的なのは日本語だけでなく、英語、中国語(繁体字)、韓国語(ハングル)での4言語が併記されている点。製品は国内専用品の注意書きが記載されているが、パッケージは世界共通ということだろう。また「PS5ディスクドライブ搭載用」の記載もあり、購入する際にはここをしっかり確認しておきたいところだ。

 では、パッケージを開封してみよう。

 外箱を開けると、中から出てくるのは茶色の内箱。内箱には仕切りがついていて、2枚のカバーと説明書が封入されている。PS5本体やDualSense ワイヤレスコントローラーのパッケージと同様に、サステナビリティに基づいたプラスチック包装材の使用が抑えられたものとなっている。製品が包まれている緩衝材から取り出すと、マットな質感が美しい2枚のカバーが出てくる。2枚いっしょに並べるとそのスケール感に驚く。

 ちなみに、カバーの取り外し/取り付け方が記載された説明書には、パッケージにある日本語、英語、中国語(繁体字)、韓国語(ハングル)に加え、簡体字(中国語)の説明文も用意された形となっている。

 今回の「コズミック レッド」および「ミッドナイト ブラック」は、2021年6月に発売されたDualSense ワイヤレスコントローラーの「コズミック レッド」と「ミッドナイト ブラック」両カラーと基本的には同じ。カバーということもあり、元々DualSenseでのカラーもマットかつシックな印象ではあったが、より光沢感が抑えられたカラーパネルに仕上げられている。表面はオリジナルカラーであるホワイトのものよりも、少しザラザラとした手触りになっている。

 2枚のカバーは「上カバー」と「下カバー」に分かれている。上カバーはPSマークがある面、下カバーはディスクスロットがある面となる。各カバーの裏面には本体に取り付けるためのフック(留め具)がついており、大きさは場所によって様々。外から見える部分にはDualSenseのグリップ背面に見られる「△〇×□」マークを細かく加工し、本体で隠れてしまう部分はプラスチックそのままという感じになっている。

 さて、各カバーを確認したら早速装着してみよう。まずは「コズミック レッド」で体験してみた。なお、カバーの取り外し方は、プレイステーション公式が配信している「PlayStation 5 分解映像」も参考になる。

 PS5本体の心臓部に触れる可能性もあるため、作業を行なう前の準備として、身の回りの金属に触れて身体の静電気をしっかり取り除いておこう。そのまま作業すると、PS5の故障の原因にもなりうるとのことだ。また、カバーの取り外し/取り付けは柔らかい布の上で行なうことが推奨されているが、後述するようにカバーを取り外す際に本体が動いてしまう恐れがあるので、ゴムマットや滑り止めマットの上で作業するのもありだと感じた。

 まずは、PSマークを手前にして上カバーを取り外していく。PSマークの付近を掴んで、少しカバーを引き上げながら電源ケーブルのコネクターがある方向にスライドさせると取り外すことができる。最初は本体がズルズルと動いてしまったり、カバーが硬いこともあり、どれだけ力を入れたらいいか、もしかしたらバキッとやってしまうかもと怖くなって、力の加減が掴みずらい。コツは片手で本体を押さえながらスライドさせること。1回取り外せると作業は簡単にできるようになる。

 上カバーを取り外したら、新しい上カバーをPS5本体にのせてしっかりと押し込む。カチッと大きな音がするので、しっかりはまったかどうかはすぐにわかる。上カバーを取り付けたら、同じ要領で下カバーを取り外して新しいものに着せ替えていく。コツを掴めば5分もかからない時間内で着せ替えは完了する。“赤いPS5”の完成だ。作業途中でカバーについた埃などは、柔らかい布で拭けばすぐに取り除くことができる。

■ 赤も黒もカッコいい!さらにはツートンもアリ! 自分だけのカラーカスタマイズを楽しもう

 「コズミック レッド」あるいは「ミッドナイト ブラック」に着せ替えたPS5本体は、これまでのホワイトとはまた違った印象を見せる。どちらも上品な色合いで甲乙つけがたいカッコよさだ。

 ゲーム機の本体はやっぱりブラックがいいと考える方は、ぜひとも「ミッドナイト ブラック」を選んでみるといいだろう。その一方で「コズミック レッド」も落ち着いた色調なので、インテリアで悪目立ちするということはない。見る者の目を奪う魅力的な仕上がりとなっている。

 なによりも、今も入手困難な本体を改めて買う必要がなく、気分に合わせてカバーだけを着せ替えることで、本体のカラー・表情を簡単に変えられるのは非常に便利。普段、本体のカラーバリエーションに興味がない方でも、これを機会にして本体の色替えにチャレンジしてみるのも一興だろう。自分の好きなカラーのDualSense ワイヤレスコントローラーと組み合わせて、自分だけのカラーコーディネートが楽しめるほか、日々のゲームプレイのちょっとしたアクセントにもなるはずだ。

 ところで、着せ替えの途中で出会った“紅白のPS5”のように、敢えて単色に着せ替えるのではなく、ツートンカラー仕様に仕上げてみるのもアリだ。むしろ、よりカッコいい仕上がりになって個人的には好きなカスタマイズだと感じた。標準のホワイトカラーと「コズミック レッド」および「ミッドナイト ブラック」のカバーの中から自由に組み合わせて、自分だけのカラーカスタマイズを楽しんでみよう。

 グレアパネルなどを使用したテレビ、モニターを使用している人は、やはり暗いシーンでの映り込みが気になるところ。設置位置の関係からモニターにどうしても白いPS5本体が映り込んでしまうという人は、片側だけ「ミッドナイト ブラック」のカバーにする、というような活用もできるかもしれない。思い思いのカスタマイズで普段のゲームプレイを盛り上げていきたいところだ。

 今回紹介した「PlayStation 5用カバー」および「PlayStation 5 デジタル・エディション用カバー」の「ミッドナイト ブラック」、「コズミック レッド」両モデルは明日1月27日に発売となる。繰り返しとなるが、PS5のモデルごとに対応するカバーが異なるので、商品の購入間違いには注意しておきたいところだ。

 「PS5用カバー」は、2022年前半に発売予定の「ノヴァ ピンク」、「ギャラクティック パープル」、「スターライト ブルー」が追加され、現在展開されている「ギャラクシーコレクション」のカラー全5種類が勢ぞろいすることになる。PS5本体を「ミッドナイト ブラック」一色にしたり、あるいは「ギャラクティック パープル」と「コズミック レッド」を組み合わせてみたりと、カスタマイズの幅は「宇宙」のこどく無限大だ。

 願わくば、人気タイトルとのコラボレーションカバーや、過去のプレイステーションハードをイメージしたカバーなど、多種多様なカバーが今後登場してくれることにも期待したいところ。PS5ならではのエンターテインメントの世界を、周辺機器の面からもさらなる充実を図る「プレイステーション 5」にこれからも注目だ。

©Sony Interactive Entertainment Inc. All rights reserved.
Design and specifications are subject to change without notice.

クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button