ゲームニュース

DetonatioN Gaming・SSeesが示すPUBG プロの矜持 安定してパフォーマンスを出し続けたい(GAMEクロス) – Yahoo!ニュース

日本のプロeスポーツチームのパイオニアとして競技シーンのトップを走る「DetonatioN Gaming」。幅広いジャンルの選手が活動の「Stories」を書くコラムです。今回はPUBG(PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS)部門に所属しているSSeeS(せす)SSees選手です。
* * *

ゲームは「見るもの」だった

バトルロイヤルゲームPUBG部門のSSeeSです。

姉と妹がいる三人きょうだいで育ちました。姉とは年齢が離れており、昔からよく面倒を見てもらっていたので、「お姉ちゃん子」だったと思います。小学校低学年の時に姉がPlayStation1のバイオハザードをプレーしているのを見ていて、始まりのシーンがとても印象に残っています。しかし、当時は外で遊ぶタイプの子供だったので、ゲームはプレーするというよりは「見るもの」でした。

実際に初めてゲームを触ったのは小学生の頃で、ゲームボーイカラーのポケモンをプレーしました。初めてはまったゲームは中学1年生の頃にプレーしたPlayStation2の「戦国無双」。学校から帰宅した平日は毎日のようにやりこんでいました。週末にはみんなで友達の家に集まってスマブラ(大乱闘スマッシュブラザーズ)をしたり、ゲームセンターに行って太鼓の達人をしたりしていました。中学2年生からはまた外で遊ぶ機会が増えたので、自然とゲームをする時間は減っていきました。

ゲーミングPCを自分で買ってのめり込む

再びゲームに興味を持ち出したのは17歳になる頃。仲のよかった友達がPCのBattlefield(BF)というゲームを薦めてきたので5万円くらいのゲーミングPCを自分で購入して始めました。当時用意したデバイスはあまりいいものではなく、友達からもらった60Hzのモニターに適当なゲーミングマウスを使ってプレーしていました。このBFは始めてすぐに引き込まれて、やりこむようになったと記憶しています。

PCゲームを触ったのはそれが初めてでしたが、始めて2,3カ月でサーバー内のゲームスコアのトップ争いに参加するようになりました。その後、YouTubeでBFの5v5のクラン戦の動画をみてチームに興味を持ち、チームに加入してみたいという思いを抱くようになりました。

その時にメンバー募集をしていたチームは複数ありましたが、その中でも一番高順位だったチームにメッセージを送り、仮入隊を経て正式加入になりました。チームに所属してからはクラン戦を一日に3,4戦ほどこなすようになり、その中で仲間たちと一緒にゲームをする楽しさを知りました。

やはりチームでプレーするためには情報共有の必要があるので、味方に情報を伝えるためのコミュニケーション能力が上がり、連携力が身についていったと思います。その後、そのチームを抜けて別のコミュニティーチームで活動中に現在所属しているDetonatioN Gamingのメンバー募集を発見し、思い切って応募しました。

現在はチームのアナリストをしているMimoriNと一緒に仮入隊し、2015年に正式加入になりました。当時はほとんど負けなしで、とても強いチームでした。しかし、チームとしてBF部門の活動が終了することに。チームからPUBGへの移行を勧められたのでメンバー全員でPUBG部門に移籍しました。このとき、PUBGというゲームタイトル自体は元々認知していましたが、自分からプレーしてみようという気持ちはなかったように思います。

クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button