ゲームニュース

すごいCPUを積んできたVAIO ZのパワーをM1 MacBook Airと比べてみた(ギズモード・ジャパン) – Yahoo!ニュース

【全画像をみる】すごいCPUを積んできたVAIO ZのパワーをM1 MacBook Airと比べてみた

本日発表された新型ノートPC「VAIO Z(SIGNATURE EDITION)」にはIntelの第11世代モバイル用Core i7 11375Hが搭載されますが、このCPUの素性がちょっとおもしろいのです。

型番末尾のHはハイパフォーマンスを示すものですが、Core i7 11375Hはさらに薄型ゲーミングノートPC用として開発された特別仕様。TDPという、消費電力・発熱量の指標となる項目が35wで最新モバイル用CPUとしては高めです。基本的にはエコ仕様でありながら、アクセル踏み込んでパワーを引き出せる(動作クロックを高められる)カスタムタイプです。

Zen 3世代のAMD Ryzen 9 5980HSとしのぎを削るCPUなのですが、これ。アップルシリコンとも戦う定めとなるはず。だってCore i7 11375Hはゲームだけではなく、クリエイティブ用途でも実力を発揮するCPUですから。

VAIO ZとMacBook Airでレンダリング勝負

VAIO Zの最新世代ハイパフォーマンスCPUと、メモリアクセスなどのレスポンスにも優れるMacBook AirのSoC。さあ、どうなるでしょうか。

4K 60P 10分動画のレンダリング終了までにかかった時間は、VAIO Zが9分44秒8。対してMacBook Airが12分53秒46。

この差を大きいとみるか小さいとみるかはみなさま次第。メモリの差がエンコードの差となったかもしれませんが、僕の見解としてはVAIO Zのファンノイズが盛大な音量となったため、TDPを上げクロックにブーストかけたのが結果として現れたのかもしれません。

つまり、冷却ファンを内蔵したMacBook Proであれば差が縮まったのではないかと思えるのです。でもターボブースト時の最大クロックはCore i7 11375Hが5GHz、M1チップは約3.2GHzといわれているので、追い越せはしないかも。

参考値を出すために、ダウンロード型のベンチマークアプリ「Novabench」でもテストをしてみました。

VAIO Z
MacBook Air
トータルスコア
2342

2150
CPUスコア
1333

1155
メモリスコア
324

280
GPUスコア
395
517
ストレージスコア
290

198

意外だ。メモリとストレージのアクセススピードでもVAIO Zが勝っています。Novabenchはメモリ容量・ストレージ容量は計測していない(と思われる)ベンチマークアプリゆえ、VAIO Zの32GBメモリが功を奏したわけではないでしょう。

ともあれ、Core i7 11375Hを積んだVAIO Zのハイパフォーマンスさと、MacBook Airのコストパフォーマンスの高さ、その両方があらわとなった名勝負でした。

クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button