ゲームニュース

AMDが1440pゲーミングに最適化したGPU「Radeon RX 6700 XT」を発表 米国では3月18日発売 479ドルから(ITmedia PC USER)

新GPUの概要

 主な仕様は以下の通り。

・演算ユニット(CU):40基
・ゲームクロック:最大2424MHz
・グラフィックスメモリ:12GB(GDDR6規格、192bitバス)
・Infinity Cache:96MB
・消費電力:最大230W
・リアルタイムレイトレーシング(RT)対応
・Smart Access Memory(SAM)対応

 想定している1440pゲーミングでは、NVIDIAの「GeForce GTX 1070 Ti」はもちろん、「GeForce RTX 2080 SUPER」よりも高いパフォーマンスを発揮するという。さらに、RTに対応するゲームにおいても、一部を除き「GeForce RTX 3060 Ti」や「GeForce RTX 3070」よりもフレームレートにおいて勝るとしている。

 上位モデルと同様に、Radeon RX 6700 XTはゲームの操作遅延を抑制する「Radeon Anti-Lag」と、グラフィックスカードの保証を有効にしたまま動作クロック(周波数)を自動的にブーストする「Radeon Boost」に対応する。

サードパーティー製グラフィックスカードや搭載PCも順次登場

 また、主要なPCメーカーからは、同GPUとRyzenプロセッサを搭載するゲーミングPCが40モデル以上発売される予定だ。このうち、HPの「OMEN」ブランドのゲーミングPCは米国で3月下旬に発売される。

Smart Access MemoryはRyzen 3000シリーズでも利用可能に

 Radeon RX 6700 XTの発表に合わせて、AMDはRyzen 3000シリーズを搭載するPCでもSAMをサポートする旨を発表した。有効化すると、最大で16%のパフォーマンス改善を図れるという。

ITmedia PC USER

クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button