ゲームニュース

会議でゲームしても違和感ゼロ。いろんな意味で熱いAcer Predator Triton 300 SEレビュー(ギズモード・ジャパン)

今年のSECでひと目見た瞬間から気になっていたニュールックのAcer Predator Triton 300 SE。

【全画像をみる】会議でゲームしても違和感ゼロ。いろんな意味で熱いAcer Predator Triton 300 SEレビュー

ゲーミングPCは赤と黒のいかついのばかりで、せいぜい青く光るぐらいしか芸がないけど、大人のゲーマーは役員会や大学講堂、カフェで使っても目立たないデザインを求めている! そんな大人ゲーマー代表として触ってみましたよ。

手に取ってみた実機は、CESで見た写真よりさらにいい感じで、サイズ感といい、重さ、性能、価格といい、ターゲットのニーズがよくわかってる印象です。課題は、Intel Core i7-11375H、ストレージ容量、ファン音。

Acer Predator Triton 300 SE

これは何?:まったく新しいデザインになったAcerゲーミングノートPCのハイエンドモデル。Intelスペシャルエディション搭載

価格:1,400ドル(約15万3600円、日本市場価格は不詳)

好きなところ:大人好みなデザイン、サイズ、重量、価格

好きじゃないところ:ファン音(ターボモード使用時)、CPU性能

当初ワンスペックにて発売中

前モデルなら2万円ほどでSSDをアプグレできたんですけど、まだそれもできないし、どのみち容量2倍にするのに2万円じゃコスパ悪いかな? Predator Triton 300 SEのPCIe 3.0対応SSDは最大3500MB/sで、同等のSamsung 970 Evo SSDは1TBモデルが160ドル(日本市場は約1万8000円)、500GBが80ドル(約8000円)で買えるので、換装なら8000円程度で済む計算です。1万円や1万2500円ならともかく、PCIe 3.0 SSDに2万円はお財布に響きますよね。

最新モデルのTriton 300では、ディスプレイのリフレッシュレートが下がって、最大240Hzの15.6インチフルHD IPSだったのが144HZ×14インチフルHD IPSパネルになりました。前あったフルサイズキーボードも撤廃になりましたが、キースペースは同じ間隔をキープしています。

クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button