国際ニュース

フィンランドのノキアら、商用5G網で世界最速の8Gbpsを記録(他2本) – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

フィンランドのノキアら、商用5G網で世界最速の8Gbpsを記録【ComputerWeekly.com 11/19】
フィンランドのノキアと現地通信事業者のエリサ(Elisa)、チップメーカーのクアルコム(Qualcomm)は先ごろ、5Gの商用網で世界最速の通信速度を記録したことを発表。ヘルシンキにあるエリサのフラッグシップストアで行われたこのデモは、ノキアの5Gミリ波技術とクアルコム製のテスト用5Gスマートフォン、エリサの商用5G網を利用したもので、2台の5Gデバイスを合わせて8Gbpsという速度を記録した。

原文:Nokia, Elisa and Qualcomm claim 5G speed record with 8Gbps connectivity in Finland

ベライゾンビジネス、GMとハネウェルへの屋内5G網配備を発表【The Fast Mode 11/21】
ベライゾンビジネス(Verizon Business)は米国時間11月19日、ゼネラル・モーターズ(GM)とハネウェル(Honeywell)がベライゾンの屋内5Gサービスの最初の顧客となると発表。同社のエンタープライズ向け5G網は、デトロイト・ハムトラックにあるGMのEV組立工場「Factory ZERO」やノースカロライナ州シャーロットにあるハネウェルの新本社に導入される見込みで、製造オペレーションの改善や5G関連の新たな製品・ソリューションのデモに活用される。

原文:Verizon Business to Deploy Indoor 5G Network at GM and Honeywell

英政府、ファーウェイの5G機器使用に罰金を課す新たな法案を提出【South China Morning Post 11/24】
英政府は現地時間11月24日、中国のファーウェイ製通信機器の使用禁止に違反した国内の通信事業者に売上の最大10%または1日あたり10万ポンド(約1400万円)の罰金を課す新たな法案を提出。英国では2020年7月、2027年までに国内の5G網からファーウェイ製品を排除する決定を下していた。

原文:British telcos face fines for using Huawei equipment after Chinese tech giant’s ban from 5G networks

一部の記事の内容は、第5世代移動通信システム(5G)に関連するトピックスや5G関連ニュース、オピニオン等をお届けするサイト「第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)」で詳しく紹介する予定です。
https://5gmf.jp/


WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら


クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button