国際ニュース

今週の気になるVRゲームニュースまとめ(12月6日~12月12日) | Mogura VR

「気になるVRゲームニュースまとめ」では、一週間の内に報じられたVRゲーム関連ニュースの中から気になる新作、アップデート情報などをまとめてお届けします。今週は2020年12月6日~12月12日間の関連ニュースが対象です。


目次

1. もうひとつのVR版「Myst」新型コロナの影響で発売延期
2. 「アングリーバードVR」などで知られるResolution Gamesの新作が発表
3. ピタゴラスイッチ風VRパズル「Gadgeteer」PSVR版が発表
4. 海外PS StoreでVRRPG「Nostos」発売。しかし……?
5. VRエアギターゲーム「Unplugged: Air Guitar」の販売をVertigo Gamesが担当
6. VR寿司食いゲーム「No Sushi, No Life」Steamストアページ開設
7. VRゾンビシューター「アリゾナサンシャイン」最新無料DLCが発表

もうひとつのVR版「Myst」新型コロナの影響で発売延期

名作パズルアドベンチャーゲーム「Myst」のVR(Oculus Quest / Quest2)版の2日前の発売が報じられていた”もうひとつのVR版「Myst」”こと、「Ryte – The Eye of Atlantis」の発売延期が発表されました。

延期の理由は新型コロナウィルス感染拡大に伴う都市封鎖(ロックダウン)によるもの。開発のOrichalcum Picturesは、フランス・パリに拠点を置いている関係でその影響を受けてしまい、開発時間を十分に確保できず、目標としていた品質水準を達成できなかったためこの度の延期決断に至った模様。新たな発売日は2021年1月27日を予定しているとのことです。

VR版「Myst」の発売直前に"もうひとつ"のVR版「Myst」も発売? | Mogura VR

VR版「Myst」の発売直前に”もうひとつ”のVR版「Myst」も発売? | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRFocus

「アングリーバードVR」などで知られるResolution Gamesの新作が発表

「アングリー・バードVR:アイル・オブ・ピッグズ」、「Blaston」などで知られるスウェーデンのVRゲームスタジオResolution Gamesの新作「Demeo」が発表されました。併せてアナウンストレイラーも公開されています。

「Demeo」は重装騎士、アーチャー、魔導士など複数用意された職種を選択してパーティを編成し、魔物が巣食う地下世界の探索に挑むVRRPG。サイコロ(ダイス)を振って攻撃、防御などを行うゲームシステムを特徴としていて、Resolution Gamesいわく「古典的なテーブルトークRPGをVRで翻案したタイトル」とのこと。フレンド同士のマルチプレイも可能なほか、非VRのプレイヤーとのクロスプレイにも対応する予定であるともコメントしています。

2021年春にSteam、Oculus Store(Rift / Quest)向けに発売予定。より詳細なシステムの紹介に関しても近日中の発表を予定している模様です。

(参考)UploadVR、VRFocus

ピタゴラスイッチ風VRパズル「Gadgeteer」PSVR版が発表

VRパズルゲーム「Gadgeteer」のPlayStation VR(PSVR)版が発表されました。2021年第1四半期の発売を予定しているとのことです。

「Gadgeteer」は、NHK Eテレで放送中の教育番組「ピタゴラスイッチ」の「ピタゴラ装置」のような連鎖反応を起こすマシンを作り、その完成を目指すVRパズルゲーム。60近くものパズルが用意されたストーリーモードのほか、ドミノや転がる玉と言った100種類以上の物を組み合わせ、自由にコースを作り上げるサンドボックスモードが収録されています。2019年4月23日にSteam、Oculus StoreでPCVR版が発売。同年10月24日にはOculus Quest版も発売されています。

開発のMetanautのCEO、Peter Kao氏が海外掲示板Redditに投稿した内容によれば、価格は14.99ドルになる模様。日本国内での発売については不明ですが、SteamのPCVR版、Quest版は日本語にも対応しているため、期待が持てそうです。

「ピタゴラスイッチ」風VRパズル「Gadgeteer」、Oculus Quest版が発売 | Mogura VR

「ピタゴラスイッチ」風VRパズル「Gadgeteer」、Oculus Quest版が発売 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRFocus

海外PS StoreでVRRPG「Nostos」発売。しかし……?

「荒野行動」、「Identity V」などで知られるNetEase Games開発のVRオープンワールドRPG「Nostos」のPlayStation 4(PS4)版が海外PlayStation Storeにて販売開始となりました。しかしながら、PlayStation VR(PSVR)には非対応となっています。

「Nostos」は人類滅亡から1000年後の世界を旅しながら、襲い来る「Coral Seas」を退けながら、戦争の痕跡を見つけ出し、人類滅亡の真実を明かしていくという壮大な世界観とストーリーが描かれるVR対応RPG。オープンワールドを採用したフィールド、VRプレイヤーと非VRプレイヤーで一緒に遊べるクロスプレイを特色としており、2019年9月には4日間限定のベータテストも実施されるなど、大きな注目を集めていました。製品版は同年12月6日からSteamで発売中。日本語にも対応しています。

注目のVRオープンワールドRPG「Nostos」、12月7日発売決定 | Mogura VR

注目のVRオープンワールドRPG「Nostos」、12月7日発売決定 | Mogura VR

MoguraVR

今回のPS4版は突然発売されたもので、公式Twitterも何ら言及していません。公式の発表がないことから、VR対応が外された件についても不明のまま。この件に関し、UploadVRは開発のNetEase Gamesに連絡を取った模様で(※執筆時点で返答なし)、今後の動向が注目されます。

(参考)UploadVR、PlayStation Store(海外)

VRエアギターゲーム「Unplugged: Air Guitar」の販売をVertigo Gamesが担当

VRゾンビシューター「アリゾナ・サンシャイン」で知られるオランダのVRゲームスタジオVertigo Gamesより、新作VRゲーム「Unplugged: Air Guitar」が2021年第3四半期に発売されることが発表されました。

「Unplugged: Air Guitar」はOculus Questのハンドトラッキング機能を活用したVRエアギターゲーム。マイクロソフトのVR空間モデリングツール「Maquette」(※参考記事)開発チームに所属するRicardo Acosta氏が本業の片手間に取り組んでいるプロジェクトで、VR空間上でエレキギターを持ち、奥から流れてくるリズムノーツに沿って(右利きの場合)左手と指のコードを動かし、右手に持ったピックを用いて弦を弾き、楽曲を演奏していきます。基本的に左手側のノーツを正確に捉えていくことが試される仕組みで、右手側はプレイヤーの思うがまま動かせるフリーハンド形式。これは現時点のハンドトラッキング技術では素早い動きを正確に追跡するのが困難を極める点を考慮したアイディアで、様々な面において機能上の限界に挑んだ作りを目指している模様です。

2020年5月に公開されたティザー映像第2弾でKickstarterでクラウドファンディングを行うことも予告していましたが、後にVertigo Gamesが販売パートナーとして名乗りをあげ、此度の発表へと至った模様です。

また、Ricardo氏も本作が大きな注目を集めたことから独立を決意し、元Activisionの開発者Julia Casal氏と共にVR開発スタジオAnotherwayを設立。今回のVertigo Gamesとの提携で、プロジェクトをさらにスケールアップさせ、Anotherwayが掲げる野心的な目標の達成と追求に勤しむとの力強いコメントも発表されています。

(参考)UploadVR

VR寿司食いゲーム「No Sushi, No Life」Steamストアページ開設

DMM VR lab開発の新作VRゲーム「No Sushi, No Life」のSteamストアページが開設されました。対応ヘッドセットはOculus Rift(Rift S)。言語は日本語(音声のみ)、英語(字幕、インターフェース)の2言語をサポートしています。

「No Sushi, No Life」、西暦20XX年の「ネオ・トーキョー・シティ」一画にある「スシ・バー」に訪れた客になり、コンベアから流れてくる寿司を食べて食べて食べまくる、VR寿司食いゲーム。寿司は果てなく流れてくるエンドレス形式。仮に寿司の乗った皿が床に落ちてしまうと即刻出禁(ゲームオーバー)になります。食べれば食べるほど加速するコンベアに神経を尖らせつつ、どこまで寿司を食い尽くせるかという「寿司無くして命はなし」の名に相応しいスリリングなゲームになっている模様です。

また、VRMアバター連携サービス「DMM VR Connect」にも対応。登録させることで、好きなアバターの姿で遊べるようになります。

VRゾンビシューター「アリゾナサンシャイン」最新無料DLCが発表

Vertigo Games開発のVRゾンビシューティングゲーム「アリゾナサンシャイン (Arizona Sunshine)」の最新無料ダウンロードコンテンツ(DLC)が発表されました。2020年12月15日、Oculus Quest/Quest2向けに配信予定です。

「TRAILER PARK UPDATE」と名付けられた本DLCでは、最大4人のマルチプレイが楽しめる「Hordeモード」用の新マップ「トレーラーパーク」(※キャンピングカーを停車させたり、トレーラーハウスに宿泊できる場所)が追加。複雑に入り組んだ土地を舞台に、四方八方から襲い来るゾンビの大群に立ち向かいます。

なお配信はQuest先行で、PCVR版とPSVR版は後発になるとのこと。いずれも2021年初頭を予定している模様です。

(参考)VRFocus


クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button