ライフスタイル

1名の死者にネットでは悲しみの声広がる、城田優“椿”には怒りが溢れる事態に…「TOKYO MER」10話 | cinemacafe.net

日曜劇場「TOKYO MER」の10話が9月5日オンエア。1名の死者にネットでは悲しみの声があふれるとともに、城田優演じるエリオット・椿にネットは「大義名分がこれっぽっちもない私怨の行動」「マジで極悪非道」など怒りが渦巻いている。

最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)であるモバイル・エマージェンシー・ルームで災害、事故現場に出動。“一人も死者を出さないこと”をミッションとしてきた「TOKYO MER」の活躍を描いてきた本作。

テロ組織との関連を疑われているTOKYO MERのチーフドクター・喜多見幸太に鈴木さん。MERを解体しようとする厚労大臣の命で送り込まれた音羽尚に賀来賢人。音羽を守るため喜多見の“空白の1年”を話してしまう喜多見の妹・涼香に佐藤栞里。

TOKYO MERの看護師である蔵前夏梅に菜々緒。研修医を兼務する弦巻比奈に中条あやみ。TOKYO MERの看護師・ホアン・ラン・ミンにフォンチー。TOKYO MERで麻酔科医をしている冬木治朗に小手伸也。TOKYO MERの臨床工学技師・徳丸元一に佐野勇斗。東京都危機管理対策室室長の駒場卓に橋本さとし。喜多見の元妻・高輪千晶に仲里依紗。TOKYO MERの発案者で心臓に病を抱える都知事の赤塚梓に石田ゆり子。厚生労働大臣の白金眞理子に渡辺真起子。厚労省医政局のトップ・久我山秋晴に鶴見辰吾。政界のフィクサー的存在である与党幹事長・天沼夕源に桂文珍。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

喜多見がテロ組織への関与を疑われたことでTOKYO MERは出動禁止を命じられる。そんななかある大学で爆破事件が発生。救助のため駆け付けた喜多見と音羽だが、それはエリオット・椿(城田優)の罠だった。椿は天沼の裏金にまつわる文書を公開しなければ新たな爆弾を使用すると宣言。負傷者の手当てを行う喜多見らも含め人質に取られてしまう。さらに学生たちが喜多見を疑い出し…というのが今回のストーリー。

負傷者の救出に全力を尽くす喜多見の姿に学生たちも味方につき大学から脱出、負傷者の命も救う喜多見たち。だが彼が負傷者の救出に全力を尽くしていた頃、椿は涼香と接触、兄のもとに向かうという涼香に水筒を渡す。それはかつて喜多見が椿に消毒液を入れて手渡した水筒だった。喜多見の元を訪れた涼香が水筒を持っているのを見つけ、水筒を捨てるよう叫ぶ喜多見だが、そのとき水筒が爆発。涼香は帰らぬ人になってしまう…というのが今回のストーリー。

死者を出さないことをミッションとしてきたTOKYO MERだが、ついに今回死者が発生。しかもそれが喜多見の妹・涼香だったことに「音羽先生と涼香ちゃんやり取りを来週から見れないなんて」「最終回のエンディングかかってるタイミングでフラワーシャワー浴びてる音羽先生と涼香ちゃんを想像してたのに!」「すずかちゃんと音羽先生が結婚するシーンで終わるんだと思ってたのに」など悲しみの声がネットにあふれる。

そして悲しみにくれる喜多見に椿は、世の中の不条理を分かって欲しかったと言葉を送る…そんな椿にSNS上は「椿お前だけは許さん」「近年でも稀に見る大義名分がこれっぽっちもない私怨の行動」「椿が本気で憎い。せめて最後には何らかの救いがあってほしい」「世の中の不条理を不条理でもって返す椿マジで極悪非道」など怒りの声で満ち溢れている。

※ UPDATE(2021/09/06 00:07):タイトルを修正しました。


クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button