ライフスタイル

【マンダリン オリエンタル 東京】行列のできる『KUMO®』ケーキを創り出したエグゼクティブ ペストリーシェフ、ステファン トランシェが監修する「アフタヌーンティー」が初登場

【『ウィンターアフタヌーンティー』概要】
フランスの伝統菓子の技術を用いたプティフールは、季節のいちごを使用し、レモングラスの香りをつけたクリームと、軽く仕上げたいちごのムースを組み合わせた「いちごのムースとレモングラスクリーム」や、国産の香り高い栗を軽いムースに仕上げ、サブレの上に絞り、軽い口当たりのモンブラン風に仕上げた「栗のムースとショートブレッド」など、季節の味わいをお愉しみいただきます。また、軽いパフペストリーのフランス料理の定番“グジェール”の技術を用いた「伝統的なコンテチーズのシュー」や、冷たいカリフラワーをクラシックに“デュバリー”風に仕立てた「冷たいカリフラワークリームとイクラ」など、セイボリーにも伝統的なフランス料理のテクニックを活かしています。
お飲み物は、20種類以上のコーヒー・紅茶・ハーブティーからお選びいただけます。

場所: 38階 「オリエンタルラウンジ」

期間: 2020年11月2日(月)から2020年12月9日(水)

時間:アフタヌーンティー 12:00 – 19:00

料金:平日 5,500円/土日祝 6,500円 (税サ別)

メニュー:

サンドイッチと各種セイボリー

伝統的なコンテチーズのシュー

チャイブのミモザサンドウィッチ

冷たいカリフラワークリームとイクラ

ホワイトマッシュルームのカスタード クリスピーベーコンとオニオンのジュレ

ジンジャーとレモングラスのショートブレッド、ロブスターとビーツクリーム

冷たいカリフラワークリームとキャビア(*土日祝のみのオプション)

スコーン&ジャム

レモンスコーン

ゴーダ&グラナパダーノチーズのスコーン

レモンカード

リンゴジャム

プティフール

いちごのムースとレモングラスクリーム

洋梨とアーモンドクリームの“タルト・ブルダルー”

ピスタチオとチョコレートパウンドケーキ

柑橘ゼリーとフレッシュ蜜柑

栗のムースとショートブレッド

ヘーゼルナッツのダックワーズ

「ウィンターアフタヌーンティー」のご予約・お問い合わせは、マンダリン オリエンタル 東京0120-806-823(レストラン総合予約9:00-21:00)、またはEメール [email protected] にて承ります。

エグゼクティブ ペストリーシェフ ステファン トランシェ

フランス・エシレ村の近くで生まれ育ち、サン=テミリオンの2つ星シェフ、フィリップ エシュベストのキッチンにてキャリアをスタート。3つ星シェフのピエール ガニェールのもとパリで約3年間経験を積み、2005年日本で初めてオープンした「ピエール・ガニェール・ア・東京」で約3年半ペストリーシェフを務めました。その後パリに戻り、約3年半「ホテル プラザ アテネ」にて人気シェフのクリストフ ミシャラクのもとでさらに技術を磨き、「ホテル ル バーガンディ」のエグゼクティブ ペストリーシェフを経て、「フォーシーズンズ ホテル ジョルジュサンク パリ」で3つ星シェフのクリスチャン ル スケールのもとエグゼクティブ ペストリーシェフとして腕を振るいました。

 

「マンダリン オリエンタル 東京」 とは (mandarinoriental.co.jp/tokyo)

マンダリン オリエンタル日本初のホテルとして、2005年12月2日、東京日本橋に開業しました。グループの理念「センス・オブ・プレイス=立地する土地柄と文化に敬意を表するホテルづくり」をハード面はもちろんソフト面でも実現。館内デザインには「森と水=日本の自然」をモチーフに和の趣を取り入れ、スタイリッシュな中にも安らぎに満ちたラグジュアリーな空間を作り出しています。38階建の日本橋三井タワー高層階に位置するゲストルームは全179 室。50㎡以上のゆとりあるスペースに最先端のITを取り入れ、すべてのゲストルームから東京を眼下に見渡す眺望をお楽しみいただけます。館内には、充実した施設と数々の受賞歴を誇る直営スパ、12の料飲施設、グランドボールルーム(1)、バンケットルーム(4)、ミーティングルーム(6)、チャペルなどを完備しています。開業以来数々の世界的な賞やランキングに輝いていますが、主なものとして以下があげられます。

FACEBOOK: Mandarin Oriental, Tokyo

INSTAGRAM: mo_tokyo

マンダリン オリエンタル 東京の主な受賞歴

2020年、『トリップアドバイザー』による「2020年トラベラーズチョイスアワード」ベスト・オブ・ザ・ベストにて、日本の「ベストホテル」1位評価。

2020年、『トリップアドバイザー』による「2020年トラベラーズチョイスアワード」ベスト・オブ・ザ・ベストにて、日本の「高級レストラン」2位評価 (タパス モラキュラーバー)。

2020年、『ゴ・エ・ミヨ 2020』にて3年連続で「素晴らしいレストラン」を評価する3トック獲得 (フレンチファインダイニング 「シグネチャー」)。

2020年、『ゴ・エ・ミヨ 2020』にて初めて「素晴らしいレストラン」を評価する3トック獲得 (タパス モラキュラーバー)。

2020年、6年連続で米国の格付け会社『フォーブス・トラベルガイド』より、「ホテル部門」・「スパ部門」共に最高評価の5つ星を獲得。

2019年、『ミシュランガイド東京 2020』にて創刊より13年連続一つ星評価 (フレンチファインダイニング「シグネチャー」)。

2019年、『ミシュランガイド東京 2020』にて7年連続一つ星評価 (広東料理「センス」)。

2019年、『ミシュランガイド東京 2020』にて6年連続一つ星評価 (タパス モラキュラーバー)。

2019年、『ミシュランガイド東京 2020』にて3年連続ビブグルマン評価 (ピッツァバー on 38th)。

2019年、『ミシュランガイド東京 2020』にて創刊より13年連続「5レッドパビリオン(ホテル格付最高ランク)」評価。

2019年、『ガンベロロッソ』による『世界のトップ・イタリアンレストラン』東京版の2020年版にて、ピッツェリア部門の3スライスを受賞 (ピッツァバー on 38th)。

2019年、『トリップアドバイザー』による『トラベラーズチョイス™ ベストレストラン 2019』にて日本のベストレストラン トップ10の1位評価 (タパス モラキュラーバー)。

2019年、『フォーブス・トラベルガイド ヴェリファイド リスト』にて「2019 World’s Best Hotel Bars」に選定 (オリエンタルラウンジ)。

2019年、5年連続で米国の格付け会社『フォーブス・トラベルガイド』より、「ホテル部門」・「スパ部門」共に最高評価の5つ星を獲得。

2019年、『ゴ・エ・ミヨ 2019』にて2年連続で「素晴らしいレストラン」を評価する3トック獲得 (フレンチファインダイニング「シグネチャー」)。

2018年、『フォーブス・トラベルガイド ヴェリファイド リスト』にて「2018 World’s Most Luxurious Spas」に選定。

「マンダリン オリエンタル ホテル グループ」 とは (mandarinoriental.com)

数々の権威ある賞に輝くマンダリン オリエンタル ホテル グループは、世界で最もラグジュアリーなホテル、リゾート、レジデンスを展開しています。アジアをルーツにグローバルブランドへと成長を続け、現在23カ国・地域において、オリエンタルヘリテージと「センス・オブ・プレイス=立地する土地柄と文化に敬意を表するホテルづくり」を表現する33のホテルと7のレジデンスを運営しています。マンダリン オリエンタルは、今後もホテルやレジデンスの開発を計画しています。マンダリン オリエンタルは、ジャーディン・マセソン・グループの傘下に属します。

クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button