ライフスタイル

【独自】だまし取った給付金は3億円 「金もうけのカリスマ」不正指南 | nippon.com


だまし取った給付金は総額3億円。

逮捕された詐欺グループの首謀者。

不正の手口と豪華な生活ぶりが取材から見えてきた。

端正な顔立ちでピースサインをする男。

「金もうけのカリスマ」とあがめられ、ある事件の首謀者として警察にマークされていた。

その正体は、詐欺の疑いで逮捕・送検された、飲食店経営、結城世成容疑者(23)。

新型コロナの影響を受けた中小事業者に支給される「持続化給付金」。

これを悪用し、国にうその申請をして、給付金100万円をだまし取った疑いが持たれている。

その総額は3億円以上。

だまし取った金で手にした生活は、どんなものだったのだろうか。

結城容疑者のSNSには、数々の高級料理店で食事をしている様子が多く投稿されていた。

SNSでは、北京ダック、酢豚、マーボー豆腐、いずれも高級中華料理店で食べた豪華メニュー。

そのほか、「ミシュラン」2つ星の高級すし店での食事も投稿されていた。

結城容疑者の住まいも並はずれていた。

結城容疑者は、高級住宅街のタワーマンションの一室を借りていたという。

住まいは、東京・目黒区の高級住宅街にそびえるタワーマンション。

このほか、結城容疑者自ら経営している店がある宮城・仙台市にも、マンションがあった。

23歳という若さで手に入れた豪華な暮らし。

巨額のお金をだまし取ったその手口は、どのようなものだったのだろうか。

結城容疑者は、すでに逮捕・起訴されている田村龍斗被告に、SNSで犯行の手口を指南。

田村被告は、犯行グループのリーダーに指示を出して、実行役らに給付金申請の手続きをさせていたとみられている。

実行役には、数万円の報酬を与えていて、その数は300人だった。

不正に得た報酬のうち、8割は結城容疑者へ。
残りの2割は、犯行グループリーダー2人に1割ずつ渡っていたという。

「金もうけのカリスマ」とあがめられていた、主犯の結城容疑者。

給付金を申請する実行役を探す場合、個人事業主として登録のない会社員や専門学校生を狙うよう、指南していたという。

警察は、これまでの家宅捜索で、通帳やパソコン、スマートフォンなど100点近くを押収していて、事件の全容解明を進めている。

客足が遠のき苦しい状況にある飲食業界。
給付金が悪用されたことに怒りの声が上がっている。

創作和食ダイニング 和神・松田三知店長「ひどい、僕らが苦しんでるのに、悪用して国の税金をだまし取るのは許せない」

鉄板焼き 鉄仁・森仁英店長「国民のお金ですからね、はっきり言って。本当に怒りしかないです」

(FNNプライムオンライン1月21日掲載。元記事はこちら)

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button