ライフスタイル

絶景×落下のスリルがクセになる!? 東京ディズニーシー®の『タワー・オブ・テラー』をレポート | マイナビニュース

絶景×落下のスリルがクセになる!? 東京ディズニーシー®の『タワー・オブ・テラー』をレポート

乃木坂46の“れなち”こと山崎怜奈がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」。毎週木曜日のコーナー「誰かに話したくなる東京ディズニーリゾート®。」では、思わず誰かに話したくなるような東京ディズニーリゾートの楽しみ方や、とっておきの情報などを、レポーターの“ちゃあぽん”こと西脇彩華(にしわき・さやか)さんとともにお伝えしていきます。

3月4日(木)の放送では、東京ディズニーシー®のアメリカンウォーターフロントにあるアトラクション『タワー・オブ・テラー』と、リスナーから届いた「東京ディズニーリゾートのおすすめのフォトスポット」を紹介しました。

『タワー・オブ・テラー』にやってきたレポーターの“ちゃあぽん”こと西脇彩華さん

『タワー・オブ・テラー』は、閉鎖されたホテルで次々と起きる怪奇現象を体験するライドタイプのアトラクションです。

1899年に起きた、大富豪で探険家のオーナー、ハリソン・ハイタワー三世の失踪事件以来、恐怖のホテルと呼ばれるようになったホテルハイタワー。その横にある瞑想の庭園には、ハリソン・ハイタワー三世が世界中から持ち帰ったとされる彫像が飾られています。

庭園には9体の彫像が。ぜひチェックしてください!

ホテルの薄暗いロビーに入って、奥にあるエレベーターに乗って最上階へと向かうと、ハイタワー三世の声が……。彼の失踪の鍵を握っているのが、彼がアフリカ探検で手に入れたという呪いの偶像“シリキ・ウトゥンドゥ”です。

不気味な雰囲気が漂うホテルハイタワーのエレベーター

「あっ!(ハイタワー三世が)飛ばされていきました! 呪いにかけられたんだ……エレベーターが、どんどん上がっている気がします。自分たちも映っている! 一気に上がっていっています!!」と驚くちゃあぽん。そして一瞬、エレベーターから東京ディズニーシーの絶景が見えると、「キレイ~! めっちゃ上がっているよ~っ!! まだ上がるの!? キャーッ!」と絶叫し、『タワー・オブ・テラー』を満喫したちゃあぽんでした。

あらためてアトラクションを振り返り、「エレベーターが急上昇して一瞬、最上階の高いところから、東京ディズニーシーの絶景が見えるんですよね! そこから落下したり、上昇したり、これが楽しくてめっちゃクセになっています」とスリルを楽しんだ様子でした。

コーナーの後半では、リスナーのみなさんから届いたメッセージ「東京ディズニーリゾートのおすすめのフォトスポット」を紹介しました。

<リスナーからのメッセージ>
「夕日が落ちる前くらいに撮る『タワー・オブ・テラー』は、すごく映えますよ!」(22歳 男性)

夜には美しい夜景が楽しめます

そんなおすすめメッセージに、れなちは「あの荘厳な感じが、夕焼けに映えますよね~」と共感の声。

<リスナーからのメッセージ>
「私のおすすめフォトスポットは、東京ディズニーランド®のエントランス前の花壇です。花壇の前に立つと、ワールドバザールの入り口と“Tokyo Disneyland”の看板の文字が入ります!」(22歳 女性)

これには、「わかる~!」と大きくうなずく2人。ちゃあぽんは「絶対に撮りますよね!」と話すと、れなちも「“よし! 東京ディズニーランドに来たっ!! 今日は楽しもう♪”ってスイッチが入りますよね~!」と声を弾ませます。

<リスナーからのメッセージ>
「家族で必ず写真を撮るのは、東京ディズニーシーのエリア、マーメイドラグーンです。なかでもレストランの『セバスチャンのカリプソキッチン』は、色づかいもかわいくて、アリエルが大好きなうちの子もここで撮った写真がお気に入りで、家でも飾っています!」(35歳 女性)

ちゃあぽんのおすすめフォトスポットも「セバスチャンのカリプソキッチン」だと言い、「照明もすごくかわいくて、お魚さんになっているんです」と紹介すると、れなちも「海のなかにいるような気持ちになれていいですよね~!」と笑顔をのぞかせていました。

東京ディズニーリゾートの最新の運営状況や、健康と安全のための基本的な考え方については、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトをご確認ください。

3月11日(木)は番組の放送がお休みのため、次回の「誰かに話したくなる東京ディズニーリゾート。」は3月9日(火)にお届けします。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button