テクノロジーニュース

ハイテクカートで精算 アマゾンの次世代スーパー(2020年8月29日)



アメリカのインターネット通販最大手「アマゾン・ドット・コム」はレジに並ばずに買い物ができる次世代の食品スーパーをオープンしました。

 ロサンゼルス近郊に試験的にオープンした「アマゾン・フレッシュ」には、最先端の技術を搭載したショッピングカートが初めて導入されました。購入する商品をカートに入れると、カートに内蔵された複数のカメラやセンサーなどが商品を認識して金額などを表示します。精算はレジに並ぶことなく専用のレーンを通るだけで自動的に行われます。また、店内には人工知能を搭載した端末が設置され、商品の場所などを教えてくれます。アマゾンは2018年からアメリカ国内にレジなしのコンビニエンスストアを展開していますが、食品スーパー業界にも本格的に参入します。
[テレ朝news]
ソース

Related Articles

29 Comments

  1. スーパーのバイトしてるけど、いつかこれが実現したら、親しくなったお客さんと話せることも、「このお漬物おいしいのよ~」って嬉しそうに買っていくおばあちゃんを見ることも、缶ビール片手に「暑いのにご苦労さんや。がんばってな」って優しいおじちゃんに出会うこともなくなるんだな。

  2. 問題はコストかな?カート一台に人工知能とコンピュータ、液晶を積むのはコストがかかりそうです。

  3. コメ欄見た感じ、レジやスーパーでアルバイトした事がない人多いいだろ絶対。

  4. 「どの商品が何回カートに入れたり戻したりされたか」みたいなカウントも、物理的に可能になるね。
    そうすると、「じゃあ、もうちょっとこの商品はパッケージを丈夫な素材にしようか」みたいに、新しい開発需要が発生してイノベーション・リノベーションが誘発される、という。

  5. 万引きしようと考えてる人の脳内の信号をAIが判断して、警告音が鳴るシステムとか出来ないかしら。

    誤報したらヤベェけどw

  6. 「タグ切り捨て」「タグはがし」のプロが多数出てくるな。万引きのプロな。

  7. スーパーの一番のデメリット、
    レジ待ち。
    これが無くなるとコンビニの存在価値が公共料金とか払うしか無くなる。
    ゴミ箱もないとこ増えたし。

  8. このような最先端の事って目先の利点しか考えてない気がします。店員の雇用問題、使いこなせない世代、返品、防犯、これらのリスクも一緒に考えて欲しいと思う。

  9. もう何年、十何年後にいるであろう子供たち、孫たちには「昔のレジは並ぶものだったんだよ」って言う日が来るんかなー

  10. みんないろんな心配してるけど最先端なんだからそんな事ちゃんと対策はあるでしょう。万引きとか商品戻すとか。
    そんな事よりも日本でこういうスーパーが来る日はあるのだろうか。
    自分は現金なんて使わないから先行体験させて欲しい。

  11. 既にAmazon Goっていうのやってたはずだけど、あっちはどうなってるんだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button