テクノロジーニュース

美容機器部門は“レア髪”を作れる高機能ドライヤーが連覇! 「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」結果発表 | WWDJAPAN

 年1回の恒例企画、「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果を発表する。今回は全12部門のアワードを設定し、都内の人気ヘアサロン50軒の美容師148人に、各カテゴリーで「2020年下半期~21年上半期に実際に使ってみて良かった製品」についてアンケート調査を実施した。

 美容機器部門では、「リファ(REFA)」の“リファビューテック ドライヤー”が連覇を果たした。アンケートの回答から読み取れるのは、各メーカーから高機能ドライヤーが出そろった今、美容師がドライヤーに求めているのは“風量”“髪に潤いを残したまま乾かせる”“モードの切り替えで仕上がりを選べる”という3要素だ。“リファビューテック ドライヤー”は、その全ての面で高評価を受け1位となった。特に「表面はしっかり乾いているのに、内部には水分が詰まっている“レア髪”を作る」というコンセプトは、その効果実感とともに受け入れられているようだ。2位には「ダイソン(DYSON)」の“スーパーソニック イオニック ヘアドライヤー”がランクイン。こちらは“速乾性”と“ふわっとした仕上がり”が高く評価された。3位は“リファビューテック ストレートアイロン”が受賞。独自のカーボンレイヤープレートを採用し、“髪をつぶさずにストレートヘアが作れる”ことがポイントの1つで、その効果時間の高さが評価された一因だ。(全てサロン専売品で、価格は編集部調べ)

 なお今回の集計方法は、ヘアサロンで扱うプロ用製品を11部門に分類し、50軒の美容師148人に各カテゴリーのベストだと思う商品を選んでもらった。選んでもらった各商品を、効果実感、香り、コストパフォーマンス、パッケージデザイン、使用感、トレンド、店販人気、おすすめのしやすさ、といった項目に分けて、各10点満点で評価してもらい、そのポイントの合計数で各部門の順位を導き出した(製品以外に“サロンモデル部門”も有り)。

美容機器部門

1位 “リファビューテック ドライヤー”

「リファ」

 美容師のブローテクニックが作り上げる、表面はしっかり乾いているのに内部には水分が詰まっている“レア髪”を、誰でも簡単に作れることを目指したドライヤー。髪の温度を自動で調整する“プロセンシング”機能が特徴的。アンケートの回答には、「当てている箇所が熱くなり過ぎずに、髪が潤いながらまとまって乾く。使うたびに髪の髪質が良くなるドライヤー。いろいろなモードがあるので、ボリュームアップやしっとりなど、乾かす部位によって変えられるのでハイテクを感じる」「風量が強く、髪が乾きやすい。湿度調節もしてくれるため髪に優しい」といった声があった。(税込3万6300円)

2位 “スーパーソニック イオニック ヘアドライヤー”

「ダイソン」

 独自のテクノロジーが生み出すパワフルな風の力で髪をすばやく乾かし、過度な熱によるダメージから髪本来の艶感を守るヘアドライヤー。アンケートの回答には、「何より速く乾き、髪の根元からふわっと仕上がる。過剰に温度が高くなることを抑えてくれるので、低温で髪を傷めることなく乾かせる」といった声があった。(税込4万2900円)

3位 “リファビューテック ストレートアイロン”

「リファ」

 独自の技術“カーボンレイヤープレート”が、ストレートアイロンによる水・熱・圧のダメージを抑えながら髪を美しく整える。同プレートはベースに高密度炭素を使用しており、髪にムラなく熱を伝えてうねりを整え、“レア髪ストレート”を実現する。アンケートの回答には、「使い続けると、髪の傷み具合でほかのアイロンとの違いが分かる」といった声があった。(税込1万9800円)


9月7日に「WWDJAPAN」がオンラインで
美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」
を開催(視聴無料)

 9月7日(火)20時より、「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の傾向分析コーナーもある、美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」のライブ配信を行うので要チェック!

クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button