テクノロジーニュース

『超時空要塞マクロス』 第1話 「ブービー・トラップ」



『超時空要塞マクロス』
1982年10月よりテレビ放映され、戦闘機からロボットへ三段変形する可変戦闘機バルキリー、
パイロットと女性上官、アイドル歌手との三角関係、そして巨大戦艦の中の都市空間、
文化を持たない巨大異星人など、豊富なアイディアを盛り込み、
異星人との星間戦争という壮大なストーリーを主軸に、等身大の若者たちを描いたSFドラマ。
とりわけ、宇宙戦争をアイドルの歌が終結させるという奇抜さは、
それまでのアニメ観を一変させた。
また、劇中の歌手が実際にレコードを出すという、メディアミックスの先駆的な作品でもある。

第1話「ブービー・トラップ」
<あらすじ>
1999年、突如、地球に巨大な宇宙戦艦が落下。
人類は落下した戦艦から高度なテクノロジーを吸収した。
世界は数年におよぶ統合戦争を経て、地球統合政府を樹立。
戦艦は地球人が乗船できるように修復された。
そして2009年。「SDF-1マクロス」と命名された戦艦は進宙式の日、
人類の意に反して主砲を発射してしまう。
直後、地球外の巨大異星人ゼントラーディが、
その圧倒的な戦力をもって地球への攻撃を開始した。
それは「マクロス」にプログラムされていた、巧みなブービートラップだった。

-キャスト-
一条 輝:長谷有洋
リン・ミンメイ:飯島真理
早瀬未沙:土井美加
ロイ・フォッカー:神谷 明
マクシミリアン・ジーナス:速水 奨
柿崎速雄:鈴木勝美
ブルーノ・J・グローバル:羽佐間道夫
クローディア・ラサール:小原乃梨子

(C)1982 BIGWEST

【マクロスTVシリーズ各1話を配信中!】 チャンネル登録はこちら!

《dアニメストア、バンダイチャンネル他にて配信中!》

▼dアニメストア
▼バンダイチャンネル

<マクロスポータルサイト>

ソース

Related Articles

22 Comments

  1. 主題歌2番
    「ま○こに続く」って歌詞に高校生騒然

  2. 同感です、初代が一番好きです。
    一条輝に憧れてました。
    初代は感情移入し過ぎて泣きながら見た話もありました。
    見るたびにワクワクしてました。
    私の中2病はマクロスの中に住んでバルキリーパイロットを目指しつつかわいい女の子と恋をする(^。^)
    あー恥ずかしい

  3. 東京都庁が出来た時はみんなマクロス艦みたいだって事で、『ビックマクロス』って呼んでたよなぁ!www

  4. 何故すが総理のスキャンダル流せるかはアメリカ中華人民共和国ロシア

  5. すが総理評価できないデジタル庁官がすがの為インターネット報道はすが総理に規制されている

  6. 人気が出て来た当時は三角関係(輝・ミンメイ・美沙)が話題で恋愛物語的な注目のされ方でしたね。
    私は子供だったのでメカや戦闘場面や敵が巨人というのが好きでしたが。
    マクロス好きが高じて一条輝の声優・長谷有洋さんのラジオ番組もきいてました。番組内で「私の彼は
    パイロット」を長谷さんが歌ってたのを覚えています。

  7. 1999年7月に落下。
    本放送当時は誰もが突っ込んだはず。
    「恐怖の大王かよ⁉️」

  8. 小学生時、マクロスの波動砲を打つプロセスが目に焼き付いてしまってから毎回観てました。
    ブリタイやエキセドルの声も好き(≧∀≦)
    後にLDで全巻購入、大人になってから観ると恋愛事情なども読み取れて尚面白い。

  9. Op,の戦闘シーンを見て、おっ、ガンダムと違う!速い!カッコいい!と思ったことを、思い出すな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button