テクノロジーニュース

8/4OA  新技術で猛暑を冷やせ!【2分で見るガイアの夜明け】



この番組の本編はテレビ東京ビジネスオンデマンドでご覧いただけます。(入会月無料)

長い梅雨が終われば、灼熱の季節がやってくる。「猛暑」も予想される夏…今年は、熱中症とともに新型コロナへの対策も求められる。その難題に新たな技術で挑む人たちがいた
“究極の氷”で、真夏の屋外飲食をサポート。
「人々が三密を避け、快適に夏を過ごせるように」…取り組むのは「金具」を扱うメーカー。意外な企業が夏に挑む、その行方を追う。

「単結晶氷」今夏のヒット商品となるか?

新潟県のサカタ製作所。金具メーカーであるにもかかわらず、今、「製氷」つまり「氷づくり」にも力を入れている。かき氷機の製作も手掛けていることから始まった取り組みだが、作っているのは、ただの氷ではない。きわめて透明度の高い「単結晶氷」だ。製造装置は長岡技術科学大学大学院と連携し開発。

池に氷が張るのと同じ「放射冷却」の原理で、上から下へ一方向だけで冷やして作るため、結晶が大きい、硬くて美しい氷を作ることができる。また、不純物も少ないため、飲み物の味わいも普通の氷を入れた時と比べ変わるという。

新型コロナの感染防止対策で、今、“密”を避けた屋外の飲食スペースが人気。設置する飲食店も増えてきている。
そこで、サカタ製作所の小林準一さんは、都内のホテルや飲食店に「単結晶氷」をアピールして回ることに。これから暑さの本番を迎える中、店の新たな売りになればと考えたのだ。
“究極の氷”は飲食店の一助となるのか?

この番組の本編はテレビ東京ビジネスオンデマンドでご覧いただけます。(入会月無料)

#サカタ製作所#単結晶氷#長岡技術科学大学#2分で見る#ガイアの夜明け#ビジネスオンデマンド

ソース

Related Articles

42 Comments

  1. 喫茶店やファミレスの、真ん中がへこんだ氷はこの方法で作られてますけど。
    何十年も前からある技術ですよね??

    伏せるように置いた氷の型に向かって、水を下から噴き上げながら凍らせていく方法で、この方法は「セル方式」といい、どのメーカーの業務用製氷機でも使われてます。

    ちなみに不純物は凍らずに下に落ちるので、絵の具を溶かした色付き水を使っても透明な氷が出来ます。

  2. 断熱材の箱を用意して、水を貯めて開いた状態で冷凍庫に入れれば再現できそうだけどそれじゃあダメなのかな?

  3. 単結晶の氷で「明らかに違う、軽やかに品がよくなる」言うけど
    ブラインドテストで違い識別できるか試して欲しいです
    高給オーディオの評価でも同じ思いになる

  4. 1キロ1000円越え、、、ぼったくりバーはこれを使ってたのか、、🤔

  5. あれ?セブンの氷はこんな感じでつくってたのTVでやってたけど。最後の不純物を捨てて透明な氷作るやつ。
    星崎の製氷機も綺麗な氷作れるよ。

  6. あれ?元々バーとかでは不純物取り除いてなかったか?
    結構簡単に作れたと思うんだが

  7. 純氷(市販の透明氷)の約十倍もするお値段だとちょっと庶民にはね‥美味しそうだけど

  8. 無料なのに会員制・・・視聴人数を知りたいのか?
    ・・・いやそんなことしなくても視聴者数はわかるはず
    目的がわからん、youtubeじゃダメなのか?

  9. やっぱりお酒を飲む時には
    白い氷よりも透明な氷の方が
    溶けにくく味も変わらないし
    見た目もいいよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button