テクノロジーニュース

悲報!日本主導の技術先進国協議体に呼ばれない韓国!ネットが激怒



先進技術がなくても先進技術協議体に入りたい韓国!
日本が阻止したとご立腹の様子。なんでも日本のせいですね。
チャンネル登録はこちら→
Twitterのアカウントはこちら

→@hunbergernews
Twitterの登録も願いいたします。
毎日新鮮な気になる出来事をいち早くお届けします。
よろしければ評価をお願い致します。励みになります!
#技術先進国協議体 #韓国 #日韓関係
※この動画は、ニュース情報の伝達や教育を目的として投稿しています。

ソース

Related Articles

17 Comments

  1. 先進技術を扱い応用していくには基礎理論がしっかりしていないと更なる発展につながるものは出来ないと理解してないのは韓国だけって事じゃないかな?
    ゆるゆるの地盤に建物立ててもすぐ不具合でるのと同じ
    10年途上国と周りから言われても我慢して基礎から作り上げたほうがいいと思うんだけどなぁ、馬鹿にされるのがとことん嫌なんだろうけど、中身のない虚勢のほうがよっぽどみっともないってことに気づいたらあの国は多少まともになるんじゃないか?と思った

  2. 韓国なんか入れたら、情報が中共に筒抜けになってしまう恐れがある。韓国を呼ばないのは当然のことである。

  3. 韓国は政治も国民も大きな間違いをしている事が理解できないのだ!!自国開発の最先端技術??無いだろ~!!呼ばれるわけないよ間違っても、C国に情報垂れ流しだもの!!

  4. 招待されてないんだから、物欲しげな報道なんかしなければいいんじゃないか?韓国🇰🇷メディアがこの件を報道しなければ、韓国民は技術先進国扱いされない事に感情的になる必要無かったのに。なんでわざわざ相手にされて無い場所に鼻を突っ込んで来るの?

  5. そんな事に反応するのならTPPに入れないと
    言っているのでそっちを問題視したほうが韓国
    の為になると思うけどなー。

  6. 患国が中に続いて対象国に・・・その可能性はある。もう一つ参加するには最低標準記録があるが、それに満たない。まずは嘘をつかない事、約束を守る事、情報を赤組に流さない事が最低条件だが、もともと先端技術の先進性はあるの?

  7. 今まで韓国が経済的に優遇されていたのは人件費が安く工場立地も容易な点から日本をはじめとする各国が韓国国内における製品の組み立てをしていただけで、労組が強く最低賃金も急上昇して韓国にカントリーリスクが高まったから他のアジア諸国に生産拠点を移そうとする流れは当たり前と言えば当たり前だ、かつて中国が世界の工場と呼ばれ生産をチャイナにして人件費抑制を図ったがチャイナでは経済が膨らみ莫大なチャイナマネーが生まれた、その頃から日本に来て日本製品を爆買いする事態になったが、韓国は食事も宿も在日で行うので経済的なメリットは薄かった中国も世界第2位の経済大国となったが共産党の力を増やしてしまっただけ、中国は覇権を伸ばし周辺諸国を巻き込もうとしてるが今中国包囲網が世界の関心事になっている、特にアメリカは世界第1位の経済大国としてチャイナに負ける訳にはいかない、韓国はここまで来てもお得意の蝙蝠外交を続けるらしい、世界から孤立している現状を大統領は知らない。

  8. なぜよばれないと文句をいうのか。日本はK国をよぶのが当然、加害者日本は
    被害者であるK国を優遇するのが当然という意識が根底にあるのではないか。
    もうその論理は通用しないのだが、わからんだろうねぇ。

  9. オリジナル、独創性のある・技術は無いのが・韓国、韓国人なんです。他国、他人の技術は・パクり、パクりなんだからまずは無理、無理、無理なんだよ、韓国、韓国人をバカにしてる?今頃解ったか?まあずっと・理解不能、状態を維持してれば、良いだろう。ハハハ

  10. 今回の解説も分かりやすくためになった。もっと多くの人に拡散してほしい動画だ。ワンコが可愛く、その口から出る皮肉がらみの言葉が何とも言えない。

  11. そもそも中国に先進技術が流れないようにするための共同体なのに、情報流しまくってる国に声かけるわけ無いと思うのですが…

  12. 呼ばれないのは当たり前のこと
    全く不思議ではない理由として
    ①先進技術が全く無い

    ②そもそも先進国ではない
    ③嘘つくことが当たり前で全く信用出来ない
    ④先進技術を敵へリークする

  13. 呼ばれるはずはないでしょうね!、最先端技術何も無いもの。、、半導体なんて言うなよ!。。日本の技術無いと作れないのだよ。。、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button