テクノロジーニュース

人間の輪郭を文学とテクノロジーから読み解く ~ 小説家・平野啓一郎 × 日本ディープラーニング協会 理事長・松尾豊 ~



ベストセラー小説『マチネの終わりに』の著者で、現在はAIや拡張現実が発展する世界における「人間の生」をテーマにした『本心』を新聞連載中の平野啓一郎さん。AI研究の第一人者であり、最近では映画『AI崩壊』の監修を務めた、日本ディープラーニング協会 理事長の松尾豊さん。

文学とテクノロジー。まったく違うようでいて、実はどちらも「人間」を追求しています。それぞれどのようなアプローチで人間の本質に迫っているのか? 「人間らしさ」とはなにか? 創作活動と研究を通じて見つけた、おふたりなりの考えをうかがいます。

目次
00:00 スタート
0:37 平野さん紹介
1:40 松尾さん紹介
東大のディープラーニング公開講座がヤバくていろいろ考えさせられた件

4:00 平野さん最新作「本心」
13:20 人間の知能と人工知能
15:45 言葉の持つ情報量は少ない
17:25 AIは言葉をどう捉えているか
29:13 人間の心とは?
47:45 社会の未来と、人間のゆくえ

▽出演者
平野 啓一郎
note:
松尾 豊
Twitter:@ymatsuo

▽note

noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。
個人も法人も混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、約870万件の作品が誕生。月間アクティブユーザー数は6,300万(2020年5月時点)に達しています。
iOSアプリ :
Androidアプリ:

▽Twitter
note
noteイベント
note pro 公式
note株式会社
cakes

#note #ディープラーニング #AI

ソース

Related Articles

5 Comments

  1. 8:40👅言葉、含意13:421⃣ファースト【一階、知覚】2⃣スロー【二階、記号】16:00言葉17:201⃣動物系2⃣言葉系19:00🗾情景・イメージ、表象24:20環境の構造29:18❤️30:50本能と倫理は作り込み34:48動物🐪は自分をオブジェクト化しない40:00モデルに基づいて行動50:08🇰🇵ディストピア50:24🧠「知性・思想・教養」もマウンティングの道具。「知る」とは「領る(しる)」(支配する)が語源、「知は力なり」のスローガン🚩で近代が始まった。内分泌系を変える51:36尾畠春夫52:03政治宗教と結びつく、「松尾教」が一番ヤバイ😱55:00価値判断57:40唯我独尊59:00🎍
    松尾教🎍の教理「人間はAIである」https://youtu.be/_tnPdEZSSN4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button