テクノロジーニュース

【字幕版】ソニー ブラビア X9500H / X9500G シリーズ どっちを選ぶ? 4Kテレビ



家電&カメラ の 売れ筋ランキング

               ★★★関連情報はこちら↓
¥11,000 OFFクーポンの適用で最安値! ソニー 55V型 液晶 テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2019年モデル KJ-55X9500G

ログインするとクーポンが使えます(※クーポンが表示されない場合もあります)
★出品者ではなくAmazon自身の在庫がある場合にクーポンが使えるようです。

¥9,000 OFFのクーポン適用で最安値! ソニー 55V型 液晶 テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2019年モデル KJ-55X8550G

ログインするとクーポンが使えます(※クーポンが表示されない場合もあります)
★出品者ではなくAmazon自身の在庫がある場合にクーポンが使えるようです。

ソニー SONY 65V型 液晶 テレビ ブラビア 4Kチューナー 内蔵 Android TV KJ-65X9500H (2020年モデル)

ソニー SONY 65V型 液晶 テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2019年モデル KJ-65X9500G

4Kテレビ 売れ筋モデル 比較表

いつでもどこでも本が聴ける!
Amazonの「聴く」読書。
Audible(オーディブル)
【2か月無料はこちらから】

贈り物に・支払い手段に
Amazonギフト券

あなたのライフスタイルがスマートに変わる
Echo Dot (エコードット)第3世代 – スマートスピーカー with Alexa、チャコール

6,500万曲以上が聴き放題
30日間は無料でお試し。キャンセル・プラン変更も可能
Amazon music UNLIMITED

会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Amazon Original 作品が見放題。
無料体験期間はすべてのプライム会員特典が無料。
無料体験後は、月500円の月間プランまたは年4,900円の年間プランがご利用可能。

月額500円でプライム会員になれば、会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Amazon Original 作品が見放題。
無料体験期間はすべてのプライム会員特典が無料。
無料体験後は、月500円の月間プランまたは年4,900円の年間プランがご利用可能。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

当チャンネルは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、
チャンネル運営者が紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、
「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。
___________________________

月額500円でプライム会員になれば、会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Amazon Original 作品が見放題。
無料体験期間はすべてのプライム会員特典が無料。
無料体験後は、月500円の月間プランまたは年4,900円の年間プランがご利用可能。

今回は、4Kテレビ ブランド別ラインナップ 紹介その②
ソニー ブラビア  X9500Gシリーズと、X9500Hシリーズの 比較です。
本動画においては、便宜上 これら2機種を 4Kブラビア 9500グレードとも 表現することとします。

ブラビア X9500Hシリーズは、X9500Gシリーズの 後継機種で、
2020年5月以降、順次発売予定となっています。
モデルチェンジの時に気になるのは、旧型と新型で どこが変わったのか。
最新型を買うべきか、旧型でもいいのか、そのあたりではないでしょうか。

テレビのモデルチェンジ、その多くは、自動車業界でいうところの 年次改良に似ています。
すなわち、毎年のように 細かな改良を加えていくことです。
ただ、テレビ製品においては、同じ程度のグレードであれば、
新旧で大きな差が無かったり あまり感じられなかったりすることが、けっこうあるのです。
新旧のバトンタッチで価格の落ちる 旧型を狙うことも 大いに検討すべきです。
画質に定評のある ソニーの最高峰 4K液晶モデルが、どのように変わったのでしょうか。
逆に、変わらない部分は あるのでしょうか。
そして、4Kブラビア 9500グレード 新旧どちらを選ぶべきか。
ご一緒に 見ていきましょう。
_______________________________________

まずは、X9500Gシリーズと X9500Hシリーズ 共通となる、画質と そのほかの特徴から。

画質について。
まずはなんと言っても、画質の要となる映像エンジン。
本機では、ソニー最上級の 高画質プロセッサー エックスワン アルティメットを採用。
オブジェクト型超解像は、映像の中にある ひとつひとつの被写体を判別し、それぞれに最適な 高精細処理を行います。
次は、HDR。
被写体ごとに コントラストを調整することで、くっきりした映像を 描き出します。
自然界には、単純に何色と言い表せないほど、無数の色があります。
この 極めて微妙な色の変化を再現し、より滑らかな諧調表現を 可能としています。
次に、高コントラスト。
バックライトのコントロールでは、直下型LED 部分駆動を進化させました。
バックライトに与える電流を ダイナミックに増減させることで、
より高い コントラスト比を得ています。
動きの速い映像に対しては、倍速駆動に加え LEDバックライトを エリアごとに 緻密にコントロールすることで、
あかるさを落とさず残像感を低減することに 成功しました。
そして、広色域。
広色域に対するソニーのアプローチは、トリルミナスディスプレイ。
バックライト自体が 赤 青 緑の 光の3原色で発光するため 表現可能な色の数が増え、
より自然に近い 豊かな色を 再現します。
さらに、4Kアップコンバート。
パネルが4Kであっても、元の映像が ぼやけたままでは あまりきれいではありません。
ソニーの4Kブラビアでは、ハイビジョン映像 すなわち2Kの映像を 4K解像度に変換する技術と、
4K映像を さらに高精細化する技術によって、あらゆる映像を 高精細で楽しめるとしています。

ここからは、ソニーが得意とする ネット動画の快適性と 使い勝手の良さについて。
テレビで、放送だけでなく 様々なネットのコンテンツも利用する場合、
それらを切り替える時やネット動画のアプリケーションを立ち上げる際 いちいちもたついていると、
ユーザーには ストレスが溜まります。
そのため、

■ 関連動画

ブラビア:X9500Hシリーズ【ソニー公式】

【字幕付き】4Kテレビ ブランド特集 ② ソニー ブラビア X9500H / X9500G シリーズ どっちを選ぶ?

SONYショップ店員が説明する!!「テレビの基本説明」間違えないテレビ選び!!

【おしゃべり】ドン・キホーテから4Kチューナー内蔵50型液晶テレビが49800円で発売されたよ!これは買い?

【液晶と有機EL】4Kテレビの選び方 – 4K 8Kと液晶テレビ有機ELテレビを分かりやすく徹底解説【もう迷わない】

4K有機ELテレビ ブラビア:NETFLIX映画「6アンダーグラウンド」で新次元の映画体験(ドルビーアトモス対応)30秒バージョン:【ソニー公式】

【コストコ】55インチで10万円の格安4K有機ELテレビ買ったった!

4K有機ELビエラGZ2000、音がすごいテレビ篇【パナソニック公式】

レコーダー機能搭載テレビ GR770、悪いところが見つからない篇【パナソニック公式】

60インチ7万円の激安4Kテレビ購入!amazon primeやYOU TUBEも視聴できるインターネット液晶テレビLG 60UK6200PJA

【コストコより安い】2万円台の激安4Kテレビがやってきた!!!

4Kブラビア 2020 ラインアップ どれを選べば良いのか? スペック横並びで比較~ファイナルファンタジーVII リメイク 公認画質をゲットせよ!

4Kテレビ【有機ELレグザ】 X9400・X8400 歴代最強!超絶進化をチェック 東芝映像ソリューション

4K液晶テレビ パナソニック ビエラ HX950・HX900・HX850・HX750シリーズ

新型 4K 有機ELテレビ パナソニック ビエラ HZ1000・HZ1800 シリーズ

4Kテレビブランド特集 ⑥ 東芝レグザ 進化し続ける高画質化技術に注目!

4Kテレビ ブランド特集 ③ ハイセンス U7F / U8F シリーズ

4Kテレビ ブランド別特集 ① シャープ アクオス4K BN1ライン

4Kテレビ 選び方のコツは あのキーワード!?売れ筋ランキングベスト20 比較と用語解説

4Kチューナー内蔵テレビ おすすめ4機種|たくさん売れているものが良いとは限らない!

#説明欄をご覧ください

■ チャンネルマスコットキャラ画像提供:mimi様 → Twitter:@nuriperori

■ 音楽素材
フリーBGM・音楽素材
MusMus

ソース

Related Articles

4 Comments

  1. Sonyの現行のトリルミナスはRGB LEDを利用した技術ではありません。(RGB LEDのトリルミナスは2008年XR1が最終モデル)
    現行のトリルミナスは米QDVision社の量子ドット樹脂を利用した白色LEDによる広色域ディスプレイ(通称QLED)のことを指します。

  2. 凄いわかりやすいw

    ちょうど買おうと思ってたんです。
    新旧の違い知れてよかった!
    新型買いまーす

  3. 追伸、超円形のスピーカーに代表される、オーディオシステムに納得出来るですね。

  4. 大きく放送やネット動画の規格変更が無ければ、大きくは変わらない?、新型に期待出来る機能やサイズ、価格に見合うかを納得出来るかですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button