テクノロジーニュース

kaggleの過去コンペ解法とpipelineを活かした現在の取り組み:THE AI powered by 日本HPセッション紹介

AIの開発やコンサルティング、国内最大級のAI専門メディア「Ledge.ai」を運営する株式会社レッジは、オンラインカンファレンス「THE AI powered by 日本HP」を2021年1月18日(月)から開催中です。

THE AIは最新事例を交えながら、ビジネスにおけるAI活用の第一歩、その次の一歩を知るカンファレンスです。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で「ニューノーマル時代」と呼ばれる現在、新たな生活様式が根づき始めています。昨今の第三次AIブームの最中でも、外的な環境変化により、AI活用の環境は著しく変化しており、この先の予測できない激しい社会変化に対して適応し生存できるのか、不安を抱えている方も多いと思います。

本カンファレンスはそんな方々に向け、長年グローバルで愛用されるオンプレ環境を提供する株式会社日本HPに全面協力いただき、「ニューノーマル時代におけるAI業界のメガトレンド」をテーマに、昨今の時代変化に合わせてどのようにビジネスを考え、2021年以降の日本でどのようにAI開発に取り組むべきかを考えるカンファレンスです。

参加費は無料です。

本稿では、株式会社Rist Kaggle GrandMasterの大越 拓実氏による「kaggleの過去コンペ解法とpipelineを活かした現在の取り組み方について」や、株式会社 日本HP ビジネスデベロップメントマネージャーの新井 信勝氏による「AI・データサイエンスを効率化するHPワークステーション」など、オススメのウェビナーをご紹介いたします。

kaggleの過去コンペ解法とpipelineを活かした現在の取り組み方について

登壇者紹介


株式会社Rist Kaggle GrandMaster
大越 拓実

Kaggle GrandMasterの大越拓実です。Kaggle アカウント: takuoko。大学卒業後、AIベンチャーを共同創業。そのタイミングでKaggleをはじめ、PetFinder.my Adoption Predictionでの優勝など5つのゴールドメダルを獲得し、現在は Kaggle GrandMaster になっております。現在は京都のAIベンチャーRistに所属。データサイエンティストとして、全社的な業務効率化を目的としたAI Pipelineの開発を行っています。

セッション紹介

前半はこれまで参加してきたkaggleコンペの解放を通して、データサイエンスの技術的な話を行います。その後、Z by HP & NVIDIA の機械学習ソリューションを使うことで、開発がどのように変化し、pipelineの開発を含めどのようにkaggleに活かしているのかという内容に触れ、最後にデータサイエンスのキャリアなどの体験談を話します。

AI・データサイエンスを効率化するHPワークステーション

登壇者紹介


(株)日本HP ビジネスデベロップメントマネージャー
新井 信勝

HP入社以来、HPの世界各国の事業部の優れた製品やソリューションを日本市場のニーズに沿ってお届けするマーケティングを担当。現在は、データサイエンス、AI、医療、OEM組み込みなどの新規市場開発を担当。

セッション紹介

ニューノーマル時代のAI開発・活用にはどのようなハードウエアを検討したらよいでしょうか?HPワークステーションの特徴と活用事例から、HPワークステーションをAIで活用することによりどんなメリットや効率化が可能か、活用シーンごとの推奨構成などご紹介します。システム導入のご参考にしていただけましたら幸いです。

日本HP社製Workstation ZシリーズとGPUコンピューティング

登壇者紹介


GDEPソリューションズ株式会社 営業部 部長
牛木 威志

1970年生。東京電機大学大学院卒業後、横河ヒューレットパッカード(YHP、現在のHP)に入社。その後、日本SGI(現在のHP)、HPCソリューションズにて、UNIXコンピュータシステム、PCクラスタシステムの提案営業を行なう。そのバックグラウンドを活かし、またAIに携わりたいため、現在の会社に転職。GPUに関わる提案営業にとどまらず、Infiniband、ストレージを含む総合的なシステム提案を日々、お客様に行なっています。

セッション紹介

NVIDIA販売パートナーとして最上位に位置付けられている当社として、CPUのみのシステムとは異なる、GPUを搭載したシステムの「勘所」をご紹介します。そして、メインテーマである当社が検証して販売するHPワークステーションは、HP型番ではカバーしきれない「最適なGPU」と「高速ネットワークカード」を搭載したAI開発向けにカスタマイズしたシステムです。その特徴と保証についてご紹介させていただきます。

モバイルワークステーションによるデータサイエンス

登壇者紹介


株式会社アスク FAE
児島 雅之

株式会社アスクにて、FAE=フィールドアプリケーションエンジニアとして、主にプリセースルを担当しております。

セッション紹介

コロナ禍で生産性に苦しむデータサイエンティスト様へ、自宅で出来るデータサイエンスをキーワードに、GPU搭載のモバイルワークステーション活用を提案します。NVIDIA認定データサイエンスワークステーションは、NVIDIA GPUによる CUDA-X AI によりディープラーニングだけでなく、機械学習も加速するソリューションを提供します。

SONY、ABEJA、ウェザーニューズ、JDLA、オプティムなど

そのほか、本カンファレンスでは、日本HPをはじめ、NVIDIA、SONY、ABEJA、ウェザーニューズ、JDLA、オプティムなどのAI活用の最先端で活躍されている有識者を集め、セッションを実施していただきます。セッション内容は下記のTHE AI powered by日本HP 特設サイトからご確認ください。


クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button