テクノロジーニュース

TG#106 – エストニアのデジタルアイデンティティと分散テクノロジーの未来 [日本語 / Japanese]



*講演の後の質疑応答(漫談)は広い心でご視聴ください!

セッション内容/ Session description:
アフターコロナ時代に、行政の電子化や、個人の情報の管理の重要性は高まっています。 そして、オンラインで行うことが増えた結果、ネット上のトラフィックは止まるところを知らず、増え続けています。その一つの解決策として、システムの分散の重要性は増しています。 今回はいち早く電子政府に取り組み、歴史的背景から全国民がデジタルアイデンティティを持っているエストニアから我々が学ぶべきこと、スタートアップが生まれやすい風土についてエストニア大使館の須原氏からお伺いします。 合わせて、エストニアでIPFSを活用した実名性分散SNSを開発しているDataGateway社の取り組みを通してデジタルアイデンティティの重要性、分散ネットワークの特徴、価値について理解を深めていただく機会を設けます。

In the post-Corona era, the digitization of public administration and the management of personal information is becoming increasingly important. And as a result of more and more things being done online, the traffic on the net has never stopped and continues to grow. One solution to this is the increasing importance of distributed systems. This time, Mr. Suhara from the Estonian Embassy will talk about what we should learn from Estonia, which was one of the first countries to implement e-government and has a digital identity for all its citizens from a historical background, and about the climate that facilitates the birth of startups. In addition, there will be an opportunity to deepen your understanding of the importance of digital identity and the features and value of distributed networks through the work of DataGateway, which is developing a real-name distributed SNS using IPFS in Estonia.

主催者/ Organisers:
エンタープライズエストニア
DataGateway株式会社

スピーカー/ Speaker:
・向縄 嘉律哉 / DataGateway株式会社 CEO
長岡技術科学大学院卒業後、2010年にキヤノン株式会社に入社し、特許を扱う知的財産法務本部に勤務。発明の支援から会社全体の特許戦略、研修の作成まで幅広く経験した。同社退職後、2017年11月に株式会社bitgritを創業。 知的財産権の知識をベースに、AI、ブロックチェーン、データ管理について新しい仕組みを提案している。bitgrit創業時に自ら30カ国以上に赴いて現地のスタートアップと交流し、つながりを持つ。bitgrit社内には世界中からエンジニアを広く採用し、日本、インド、エストニアに拠点を展開。海外進出に対する地政学的要素、法的、税制面など多方面での知見を得て、事業拡張に活用している。アジア全体に進出した経験から海外とのつながりも強い。特にインドを中心としたアジア地域においては25,000人を超えるデータサイエンティストコミュニティを構築し、エンジニアの努力が報われる、新しい働き方を広めている。DataGatewayにおいては企業のデータ活用を次のステージに進めるべく、データ管理・活用のサービスを行うと共に、クラスタコンピューティングによる次世代インフラストラクチャを開発している。

・須原 誠 / エストニア共和国大使館・特別補佐官
大手監査法人系コンサルティング・ファームにて米国及び中国、東南アジア全域で10年以上勤務後、米系ビジネスインテリジェンス会社の日本副代表、米系フォレンジックサービス提供会社のアジア代表、フランス系戦略コンサルティング・ファームの日本史社長を経験後、2019年1月よりエストニア共和国全権大使特別補佐官及びEnterprise Estonia(エストニア共和国のJETRO)の日本代表に就任。エストニア企業の日本進出、日本企業のエストニア共和国への進出・投資を支援。

ソース

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button