テクノロジーニュース

英ダイアログ・セミ、ルネサスへの身売りで協議進展-6220億円 – Bloomberg

米アップルなどを顧客に持つ半導体設計の英ダイアログ・セミコンダクターは7日、ルネサスエレクトロニクスへの約49億ユーロ(約6220億円)での身売りに向け協議が進んだ段階にあると明らかにした。

  ダイアログの発表によれば、ルネサスが提示した全額現金による買収額は1株当たり67.50ユーロ。ダイアログの5日終値(56.12ユーロ)を20%上回る。フランクフルト上場のダイアログ株は年初来で約25%上昇。アップルの第5世代(5G)移動通信システム対応端末に対する旺盛な需要や買収観測で押し上げられていた。

  ダイアログは「必要に応じて適切な時期にさらなる発表を行う」とした上で、「いかなる企業からも確定的な提案や条件が示されるかについて確実なことは言えない」とも説明した。ブルームバーグ・ニュースは先に、ダイアログの身売りの可能性を巡る交渉について報じていた。

  ルネサスも8日、ダイアログの経営陣と、発行済み株式と発行予定株式の全部を1株当たり同67.50ユーロで現金で買い付ける買収提案に関して協議を行っていると発表。企業買収に関する英国の規定に基づき、3月7日午後5時(ロンドン時間)までに確定的な買収の意向の有無について明らかにするとしている。

  事情に詳しい複数の関係者は7日、ダイアログはルネサスを含む複数の買い手候補との交渉が進んでおり、アドバイザーと協力していると語っていた。ダイアログはSTマイクロエレクトロニクスと先に協議していたという。

クレジットソースリンク

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button